TOP > 海外ニュース > ロイター.co.jp > 最古最遠の巨大ブ...

最古最遠の巨大ブラックホール観測、ビッグバン直後の存在に驚き | ロイター

24コメント 登録日時:2017-12-07 16:05 | ロイター.co.jpキャッシュ

地球から約131億光年離れた宇宙に、これまで見つかったうちで最も遠く、最も古いブラックホールが観測された。宇宙誕生まもない時期に存在したもので、この時期における存在は科学者らを驚かせている。研究は、科学誌ネイチャーに掲載された。このブラックホールは、中に落ち込むガスや塵をエネルギーにして輝く明るい天体「...

Twitterのコメント(24)

ブラックホールがあるから素粒子は凝縮して物質を誕生させ、光を生んだと考えるとロマンチックだなぁ。 / (Reuters)
宇宙で最も遠い銀河であるクエーサーの中心のブラックホールです。
宇宙ができると必ずブラックホールとホワイトホールがセットでできるんじゃねーの……多分ね(笑)
「食べて出す」っていうのは人間も宇宙も一緒だよきっと😁
このブラックホールは、中に落ち込むガスや塵をエネルギーにして輝く明るい天体「クエーサー」の中心にあり、太陽の8億倍の質量を持つ。
ほほー。ロマンですなあ。
やはり難しいけど…興味津々❗
実は宇宙は星の数ほど存在するらしい…果てしないぜ。
地球の存在が小さくみえる★
確かに、ブラックホールが出来る過程にはとりあえず星からスタートしてるはずだから、ビックバン直後にいきなり出来るのはおかしいよね。もしかするとビックバンの残りじゃないかな。
中学生の頃見た図鑑では,クエーサーには「準星」という日本語が当てられていて,謎に包まれた天体として描かれていたっけ。いろいろ分かってきてて,面白い。
最古最遠の巨大ブラックホール観測、ビッグバン直後の存在に驚き(ロイター)
なんでわかるのかが不思議(。-`ω´-)ンー
これは萌える(´・ω・`)
宇宙誕生からたった6億9000万年後、最古最遠の巨大ブラックホール
こんな早い時期にブラックホール化するほど重い天体が存在したのがまず驚きだなぁ。
ビッグバンからわずか6億9000万年後に成立したものらしいぞ。
無から光と闇が同時に生まれたわけだな。
毎回思うけどよく自信満々に発表できると思うわ。誰にも分からないと思ってテキトーに言ってない?
少し考えたら時系列が理解できなくてワロタ
… これは凄いニュースになるかも… 宇宙が出来て間もない星らしい星も無かった時期に、太陽の8億倍の質量って、新説が無いとあり得ないよね…


が知りたい🧐✨
地球から約131億光年離れた宇宙に、これまで見つかったうちで最も遠く、最も古いブラックホールが観測された。
こんなことが解るようになったんだ!
〈このクエーサー「J1342+0928」が存在した時期は、宇宙に光が存在しなかった「暗黒の時代」(dark ages)から、重力によって物質がまとまり初期の天体となり、宇宙に光が生まれた時代への転換期に当たる〉(ロイターより)
[ワシントン 6日 ロイター] - 地球から約131億光年離れた宇宙に、これまで見つかったうちで最
以上

記事本文: 最古最遠の巨大ブラックホール観測、ビッグバン直後の存在に驚き | ロイター

関連記事

画像で見る主要ニュース