TOP > 海外ニュース > ロイター.co.jp > アングル:トヨタ...
28コメント

src=" border="0" alt=" 4月19日、トヨタ自動車はこれまでの開発戦略を180度転換し、電気自動車(EV)開発に本腰を入れざるを得なくなっている。写真は同社RAV4のEV車。米カリフォルニア州で2011年9月撮影(2017年 ロイター/Lucy Nicholson) / 4月19日、トヨタ自動車はこれまでの開発戦略を180度転換し、電気自動車(EV)開発に本腰を入れざるを得なく...


Twitterのコメント(28)

水素スタンドが広まるのを待ってる間に、
燃料電池車の水素補給並みにすぐに充電できる技術ができたり、
航続距離を伸ばす技術ができそうだからね……。
「あるトヨタ役員はこうした方針変更について「苦渋に満ち、胸が痛む」と表現している」
中型車まではEV、それ以上はFCVでしょ ・・・
@Reuters_co_jpより

だってスバルはハイブリッドからEVだし…
@zenbatakakolove このニュースを見て面白くなってくる予感がしてます。
・・・す、水素社会・・・
中国云々よりも、物理的な輸送と保管を伴う「燃料」は、送電線で済む電気に比べたら、コスト面でも不利でしょう。/
水素社会とか言ってたヨトタがあっさり電気自動車に転換
転換する方針も戦略もないのがうちの会社

@Reuters_co_jpより
燃料電池車と電気自動車って180度も違うものなの?120度くらいじゃね?(適当)→
トヨタがEV開発に本腰、中国の動きなどで戦略転換
でもバカは何も考えずにトヨタ車買うんでしょ
[上海 19日 ロイター] - トヨタ自動車はこれまでの開発戦略を180度転換し、電気自動車(EV)
とある人のブログで言っていたけど技術的にはすでに可能だったCHAdeMOの充電時間の短縮がいきなり可能になったのはトヨタ様のおかげ(良く言えば…悪く言えば妨害してた)なるほど…→トヨタがEV開発に本腰、中国の動きなどで戦略転換
トヨタは電気自動車が本当に嫌だったんだな。。
「あるトヨタ役員はこうした方針変更について「苦渋に満ち、胸が痛む」と表現している。」「われわれはアレルギーを克服して電気自動車を考え出すしか道はない」
難儀の上の政策転換?EVで世界をleadできるだろうか?.....
テスラ逝ったーーーーw まーそもそもあんな壊れやすい車で1500万とか正気の沙汰じゃないんだけどなw
FCVはまだ遠い未来なので、EV開発へ注力したほうが先進国では勝てると思います。ただ途上国では電気が不安定なので、ノートePowerかな / ...
戦略を180度転換は言い過ぎでは。元々の方針的に30度とかくらいじゃないデスカネ
誰が誰を見捨てたのか
誰のビジョンが正しく、更に実現されるのか…
この先は完全に未知の領域
一生懸命働くのと努力するのが一緒だとしたら…

@Reuters_co_jpから
ごく最近までトヨタは、電気のみで走行する100%EVに背を向け、次世代車として水素式の燃料電池車(FCV)開発を積極的に進めていた。
EVが使われるとしても近距離用に限定されるとの見通しを示した。

まだ、間に合うような。
今のトヨタは平面ブラウン管作ったソニーみたいだな。EV頑張れよ。
「界内で次世代自動車の主力はEVとの見方が強まる」とか言っている人もいます程度
中国の大気汚染対策、石油自給率の低下でEVするしかない模様、ミライは?
水素ダメでしたか…
トヨタもいよいよShift the futureせなアカンな

ロイター " -
水素ダメでしたか…
トヨタもついにShift the futureやな
まぁ僕はzoomzoomとのクリーンディーゼルハイブリッドの噂話に期待してます

-
以上

記事本文: アングル:トヨタがEV開発に本腰、中国の動きなどで戦略転換| ロイター

関連記事

156コメント 2011-07-29 22:29 - response.jp

日本車や欧州車のコピー車があふれる中国。今度は、トヨタ『iQ』のコピー車が登場した。しかも、ソーラーパワーのEVだ。 このiQ似のモデルをリリースしたのは、中国山東省の維坊に本拠を置く維坊グアンシェン・ニューエナジー社。1996年に設立された新興企業で、太陽電池関連の商品を手がけている。 このモデルは、『GS-dj01』と命名。3ドアハッチバックの車...[続きを読む

画像で見る主要ニュース