TOP > おでかけ・イベント > Autoblog > 【試乗記】スバル...
17コメント

僕らが子供の頃、スバルはとてもマイナーな存在だった。スバル360やスバル1000といった第ヒット作が時に世間を驚かさせる。  一方で、不人気の作品も少なくない。それはたいがい、デザインが奇抜であったり、技術的に個性的すぎたりしたものだ。いま振り返るとそれは時代の先取りに思う。だが、遥か彼方に進みすぎていて、世間がついていけなかった、という...


Twitterのコメント(17)

次期br-zはアルシオーネのデザインそのままになればいいのにって10回くらいツイートしてる
【試乗記】スバル✳︎アルシオーネ〜♪☆木下隆之☆自らの道を突き進み今の成功に辿り着いた個性的なスバルが好きである‼️
autoblog▷
アルシオーネは高すぎて手が出せなかったな〜ぁ.
スバルって直6作ってたんやw
初代アルシオーネがバブルの時代の賜だということを忘れるべきではない。あの時代に作られた日本車はどの車も魅力的だったよ。<<
アルシオーネか。今全然見かけんなぁ。
この車ももう手に入らんやろね。
平成元年式でこんなにきれいなのすごいな /
スバル車の歴史に関して一連の試乗記、前回もだけど時代背景の件が雑過ぎてもう少し下調べした方がいいんじゃない感(苦笑
「スバル360やスバル1000といった第ヒット作が時に世間を驚かさせる。 」 試乗記事はポエムなんだから誤字はやめようや…
スバルに直6エンジンのアルシオーネってあったっけ…何だこの記事…
アルシオーネはほんと迷車。誰が得するのかさっぱりわからんスバル最高!
以上

記事本文: 【試乗記】スバル「アルシオーネ」、自らの道を突き進み今の成功に辿り着いた、個性的なスバルが好きである:木下隆之 - Autoblog 日本版

関連記事

21コメント 2011-11-01 08:52 - d.hatena.ne.jp

科学, ゲノム お知らせ : YOMIURI ONLINE(読売新聞)確かに組み換えなんだけどなんかレトロトランスポゾンのinsertionを免疫系と同等の組み換えっぽく言うのは個人的に違和感。興味深いけど。 L1レトロトランスポゾンというのがある。jumping geneとか呼ばれたりしてゲノムのあちこちに自らのコピーを増やしている。ヒトゲノムの17%を占めている(大部分は不活性である)。こいつ...[続きを読む

画像で見る主要ニュース