陸上自衛隊は「縮小」ではなく「活用」が日本のため 海外で活動する米国と国内防衛の日本では役割が全く違う(1/6) | JBpress(日本ビジネスプレス)

陸上自衛隊は縮小が必要という記事が出ています。しかし、我が国の安全保障論議の中で主流になっているのは、「陸自縮小論」ではなく「陸自活用論」です。その理由を説明しましょう。簡単に言えば非常に効率的だからです。海外遠征が主体の米国と日本の陸自を混同してはなりません。(1/6)...

Twitterのコメント(18)

陸自出身者の意見としては当然。
陸自の縮小無しに、海空宇サイバーの増強はできないものか?
皆さま、よく読んで見てください。
>北村氏は、JBpressに毎週のように投稿していて相当の影響力がある方であり
>相当の影響力がある方であり

そうなのか…(困惑
雑な記事を書いた人がいたので、早くもツッコミが入った。たぶん盆休みも返上。
海外で活動する米国と国内防衛の日本では役割が全く違う(1/6)



Google マイフィードから共有しました
まだやっていない事業を縦に陸自の価値を擁護しているのは何とももの悲しい
その他大多数の「冷戦期の遺物」的態勢からいかに脱却するかの道筋が描けているようには見えない
PAC-3移管、CASをメインとしつつ防空もできるF-35B採用、SSMによるA2AD環境構築等に舵を切れば…
ばっさりすぎて心地よさというか、行間が、そのぉw
北村氏の反論が大変楽しみ。

というか、陸自って人足りてる気してないので、減らすに違和感。
東日本大震災とかで人手足りなかったと言ってなかった?
陸自の余剰とか言ってたオッサンがフルボッコにされてて草
北村淳さんがフルボッコにされておる。
早速、前・陸上自衛隊東部方面総監から反論。「領域横断作戦(CDO: Cross Domain Operation)」に基づいてイージス・アショア、南西諸島での地対空ミサイル配備、サイバー戦等、陸自をそのまま使えと。なるほど。
ほんと、戦略を見ずに防衛を語る人多いからな。先の大戦から何を学んでるんだか。反省ばっか声高に主張しておいて...
海外で活動する米国と国内防衛の日本では役割が全く違う | JBpress(日本ビジネスプレス)
このような「硬派」な記事が、出羽守を駆逐する。ツイッターの良い所。
陸海空自衛隊は、これから人口が減っていく中、今のうちに増員、増強が必要!
自衛隊員を守るためにも、長距離敵地攻撃能力を持て!
今の状況、安全でないのに、隊員が増えるわけない!
以上

記事本文: 陸上自衛隊は「縮小」ではなく「活用」が日本のため 海外で活動する米国と国内防衛の日本では役割が全く違う(1/6) | JBpress(日本ビジネスプレス)

関連記事