「許されざる取材」の記者3人、ロシアに消されたか プーチン帝国の謀略(4)(1/5) | JBpress(日本ビジネスプレス)

ワグナー・グループは、こうしたいわくつきの傭兵集団である。その活動の実態が暴かれることは、ロシア情報機関の非公然活動が暴かれるということになる。ワグナー・グループに迫ろうとする人間は誰であれ、命を狙われることを覚悟しなければならないだろう。(1/5)...

Twitterのコメント(12)

ワーグナーとロシアの関係
この民兵組織の紋章がいかにもナチな鉄十字でしたな。マルタで繋がるのだろうか。

そういえばチャールズがプーチンをナチと表現したっけか。
まだわからんな、その辺。
なんとも。。。
『ワグナー・グループに迫ろうとする人間は誰であれ、命を狙われることを覚悟しなければならないだろう』ロシアこえ~ -
ワグナー・グループに迫ろうとする人間は誰であれ、命を狙われることを覚悟しなければならないだろう。
「許されざる取材」の記者3人、ロシアに消されたか。プーチン帝国の謀略(4)
プーチン帝国の謀略(4) | JBpress(日本ビジネスプレス) シロートは立ち入ってはいけない領域?
国際諜報戦の現実は映画のような世界。
露のクリミア占領やドンバス侵攻でも暗躍したロシアの傭兵派遣企業「ワグナー」。彼らの中央アフリカ共和国での活動を取材しようとした記者3人が最近現地で殺害。記事で黒井さんはワグナーとロシア政府の関係を説明しつつ、この記者がロシアに消された可能性を指摘している。
ロシア軍のダミーである民間軍事会社「ワグナー・グループ」の話。 /
流石の黒井氏のインテリジェンスな記事。
以上

記事本文: 「許されざる取材」の記者3人、ロシアに消されたか プーチン帝国の謀略(4)(1/5) | JBpress(日本ビジネスプレス)

関連記事