世紀の大発見を成し遂げた中国の恐竜ヲタ博士 中国で続々と出土する「恐竜の常識を覆す化石」 | JBpress(日本ビジネスプレス)

2016年末、ミャンマーの中国国境地帯にあるカチン州で、生前の状態を残したまま琥珀の内部に保存された恐竜のしっぽが発見・報告された。この大発見を発表した国際研究チームのトップが、中国地質大学副教授の中国人研究者、シン・リダ博士である。...

Twitterのコメント(22)

数年後、

「捏ぞ・・・で・・・」

| JBpress(日本ビジネスプレス)
突然だが、スズメやカラスが恐竜であることはご存知だろうか?
エピソード自体も相当アツいが恐竜の中国名に中二心がざわつくわ
ビルマの反政府勢力が支配する危険地域に潜り込んで調査をしているらしい。好きでやっているとはいえ、リスクを恐れないにもほどってものがw
恐竜の繁栄が何億年もつづいたから鳥は空を飛べるようになった。人間も1億年ほど繁栄すれば空が飛べるようになるのか?生存競争からの進化ではなく頭脳の進化で飛ぶんだろうな。
最後の文章完全同意な元恐竜少年であった @JBpressから
如何かなあ????中国人だからねえええええ!!!
「子どもの頃の博士は日本の特撮番組『恐竜戦隊コセイドン』や児童向けの科学読み物、映画の『インディ・ジョーンズ』『ジュラシック・パーク』などを愛する、どこにでもいる恐竜マニアの冒険好き男子」 / "世紀の大発見を成し遂げた中国の恐…"
発見自体も本人の経歴もキャラも実績もすごいけど、発見地がミャンマーのカチン独立軍割拠地域というのがまた。
⇒ | JBpress
とりあえず(。_。)φ
【さすが中国、さまざまな宝物がまだまだ埋まっているはず】 @JBpressより
龍好きの中国人は竜骨への情熱が凄いからね、とりわけ翼竜
恐竜じゃなくてカイジューだったら、
パシフィックリム出演不可避な感じの
博士ですな(笑)
一方日本では「日本中が砂漠になったらたくさん恐竜見つかるよ」とぶっちゃける先生がいた(イタネ
すごー
発掘現場がまるでインディジョーンズのような展開。
シン博士をモデルとした冒険譚ができそうw

@JBpressより
うわあっ、インディ・ジョーンズといっているが、むしろブラック・ラグーンっぽい。恐竜学者は大変な仕事だ。
こんな記事書きました。前にミャンマーで発見された琥珀漬けの恐竜のしっぽの発掘にたずさわったのは、私と同じ1982年生まれの邢立達博士。いいなーすっげー超かっこえー、という話。
内容的には、ミャンマー産の琥珀から鳥や恐竜を発見・記載したLida XING 博士の紹介ですが、一部間違いもあるようです。
世紀の大発見を成し遂げた中国の恐竜ヲタ博士
自分も昔はあんなに好きだったのに、いつの間に情熱...
以上

記事本文: 世紀の大発見を成し遂げた中国の恐竜ヲタ博士 中国で続々と出土する「恐竜の常識を覆す化石」 | JBpress(日本ビジネスプレス)

関連記事

画像で見る主要ニュース