中国の「北朝鮮への電撃侵攻」は起こり得るのか? 北朝鮮との国境周辺地帯に中国人民解放軍が集結 | JBpress(日本ビジネスプレス)

米軍の先制攻撃の前に「中国人民解放軍が北朝鮮国境を踏み越えるのではないか?」というシナリオが、アメリカのシンクタンクの中国・東アジア研究者などの間で取り沙汰されるようになってきた。...

Twitterのコメント(35)

中国が北朝鮮軍内部に"裏切り者"を醸成する工作を進めている
らしい

| JBpress(日本ビジネスプレス)
もし米国のトランプ政権が北朝鮮に先制攻撃を仕掛けた場合、直ちに北朝鮮領内に進出し、北朝鮮から中国に逃げ込もうとする北朝鮮難民をコントロールし、混乱状態に陥っている北朝鮮の治安を維持
米国の攻撃は必ずあるが、その前の中国の侵攻もあり得る
その場合勿論米中は合意の上だろう
このどちらかの成功を祈るが、問題は北が気付き、先手を打つ場合もある事
その方法例は既に紹介したが
金正恩が自殺する前に夥しい死が撒き散らされる
中朝国境線もキナ臭いのに!北朝は厄介だね😣安倍総理はそうした有事予測して「解散総選挙」したんでしょ?何がモリカケ問題隠しだよ😡嘘の情報流すマスゴミには怒り😡

中国の「北朝鮮への電撃侵攻」は起こり得るのか?(JBpress)
「韓国や日本が北朝鮮の弾道ミサイル攻撃を受けて社会的インフラをはじめ大打撃を受けることは、中国にとってはむしろ望ましい状況。少なくとも中国が軍事力を行使してまで阻止する必要はない」
中国が戦車などで北朝鮮を電撃侵攻するというシナリオもある訳ですね。→
2017.10.12(木) 北村 淳
諸葛孔明が泣きそうなお笑い計
中国軍による北朝鮮侵攻の可能性はもっと広く議論されてよいと思うが、この記事は「北朝鮮ミサイルは中国を標的にしない」とか「中国軍が北へ半永続的に駐留して米軍と睨み合う」などの前提で書かれた記事のようで、そこが物足りなかった。
"アメリカの先制攻撃に先んじて、満州の中朝国境地帯に集結している中国人民解放軍部隊を北朝鮮に侵攻させる可能性が高まってきた。先制侵攻の場合、中国が国境を越えるタイミングを自ら決定…"
中国の先制攻撃は無いと思うが、朝鮮半島の平和を担保する現実的な力は、アメリカから中国に変わっていくと思います。日本の立ち位置も変えざるを得ません。
開戦間近→
中国の「北朝鮮への電撃侵攻」は起こり得るのか?北朝鮮との国境周辺地帯に中国人民解放軍が集結の真意は?/北村淳-JBpress  *氏は十分有り得る筋書きだが実際にはスンナリ制圧は無理で実行は疑問と!でも米が専制なら朝鮮半島が米支配に!
中国による北朝鮮侵攻のシナリオ
「朝鮮戦争の際に中国軍が北朝鮮軍を支援して共に戦っているときでさえ、北朝鮮指導部と中国指導部の対立は深かった。」ソ連が親で朝鮮と中国は同格の兄弟という北朝鮮の認識。ここはプーチンの出番だと思う。
>日本やアメリカにとっては極度のマイナス要因だけしか生み出さない北朝鮮情勢から、なんらかの利益を得られるかもしれないのは中国だけ

プーチン「おっそうだな」
難民阻止の為に動き出した @JBpressより
もし米国が攻撃したらすぐに北朝鮮へ侵攻して朝鮮半島における中国の優勢的立場を確実にする、か。この騒動で得をするのは中国だけってのがなんとも。 「北朝鮮への電撃侵攻」は起こり得るのか?
@JBpressから
正恩は中国が侵攻すると思っているらしい。
正恩はプーチンに泣きを入れたらしい。
正恩はロケットマンと言われると笑うらしい。
正恩は髪型を入念にセットするらしい。
これくらいな多角的なシミュレートを地上波は言ってほしいなぁ
備忘録として。 /
アメリカより先かもーーー
中国を甘く見てはいけないと思う
最悪のシナリオは常に必要では?
ロシアは黙って見ているのかな?
高句麗は中国の王朝の一つだったってのは北朝鮮を併合するための布石だな
中国は北朝鮮の一部を自国領に編入するつもりでいる
それがアメリカとの新たな緩衝帯になる
無理難題のお話だけど、日本的には中国と北の間事態収拾してくれるのが一番良いとは思うけど
中国が得をするだけの中国の戦略に注意! 立憲民主党・共産党には解っている?
中国が北朝鮮占領する方が可能性高い気もする
ミサイルを手に入れる狙いが1番じゃない勿論領土も元々朝鮮は中国の支配下だし。ロシアはバックアップ側で中国相手だと難しくなるよねロシアが仲介して落とし所かミサイル撃つぞとみんなに脅さないと
韓国や日本が北朝鮮の弾道ミサイル攻撃を受けて社会的インフラをはじめ大打撃を受けることは、中国にとっては望ましい状況。それを想定すれば、少なくとも中国が軍事力を行使してまで北朝鮮の暴発を阻止する必要はない。北村淳さんのコラム。
衆議院解散とか言われた時期に「これ、中華は選挙期間中に北に奇襲かけたら日米蚊帳の外状態で功績独り占めできるんでは?」とかは考えた。
@JBpressから
きな臭くなって参りました(´・ω・`)
以上

記事本文: 中国の「北朝鮮への電撃侵攻」は起こり得るのか? 北朝鮮との国境周辺地帯に中国人民解放軍が集結 | JBpress(日本ビジネスプレス)

関連記事

画像で見る主要ニュース