陸自の「クーデター」を許すな 安倍首相と稲田大臣は民主主義の防波堤 | JBpress(日本ビジネスプレス)

南スーダンの首都ジュバで、スピーチをする稲田朋美防衛相(中央)とその脇に立つ南スーダンのデービッド・ヤウヤウ副国防相(左、2016年10月8日撮影、資料写真)。(c)AFP/Charles Atiki Lomodong〔AFPBB News〕 稲田朋美防衛大臣が連続する防衛省内部からのリークによって揺さぶられ、ついには安倍政権の屋台骨まで揺るがされる事態になっている。...

Twitterのコメント(44)

稲田大臣の件は、陸上自衛隊による反乱という見方は正しいと思う
現代の226事件だな
メディアに情報をリークした自衛官は処罰されるべき
官僚の反乱より罪は重い
恥を知れよ

@JBpressから
クーデターと言えばかっこ良く聞こえるかが、安倍政権のように、国民に痣なす政権に対して、自衛隊が、国民の立場を守ることはよいことだ。
筆者は、終戦時の軍隊の暴走を認知するか?
🎌左翼思想工作員は自衛隊にも🎌
「安倍一強」と言われていた、外交中心に大活躍していた安倍首相を、追い落とす動きに移り難かった一時期に比べれば、一斉に色んな省庁幹部に潜む左翼思想工作員が、メディアと歩調を併せ、湧き出てきた事実を知ろう
抜粋。
・ピーター・フィーバー。軍人にとっての一義的な文民が国民か、大統領や国防長官か。前者は専門職制至上主義者、後者は文民至上主義者。前者は積極的にリークし、後者はリークしない

@JBpress
エジプトでは、軍部がモルシ政権を打倒するプロセスで、「軍と国民は一体である」という発言や行動を見せ、「クーデターではなく人民の革命だ」と述べた/武力を伴っていないだけで、やっていることは変わりがない / "陸自の「クーデター」を…"
「文書管理のあり方まで、方針を決めるべきである。それこそが、稲田大臣がとるべき責任であるし、それをしっかりとやらせ、提案するのが議会の仕事」
同意するが大臣の資質も必要
長いけど読んでおくべき。稲田氏辞任の今後の政治への影響。>
>現在の野党は「日報」の存在を知り、大臣と政権の首を取れる文書だということに気がついた。将来の野党もそうだろう。今後は、海外に自衛隊が派遣されるたびに、毎日野党は日報の公開を要求してくるだろう
筆者の考えも偏っている。

@JBpressから
@JBpress
大袈裟と感じるかもしれませんが、過去にこのようなことが原因で戦争が起きています。県外のことは、深刻に捉えるべきでしょう。
「リーク元は陸自幹部との説が濃厚だが、これは、まさしく"クーデター"である。」って書きぶりは、憶測の域を出ていない。
日報を非保管とした議会をナメた態度が既に文民統制の逸脱の始まりであり、海外派遣へのハードルが上がるのは仕方のないこと /
文民統制は形式主義でなく内実化が大事、というのは理解できる話だ。
あとでよむめも◆
今回の、自衛隊幹部のリークによって防衛に混乱が起こることは、何も知らされない国民でもおよその推察は出来る。しかしリークが自分らの首を絞めることぐらいは理解できているのでは。
阿呆とアカが騒いでいる安保法制や集団的自衛権などではなく、こちらの方が軍国主義化への危険性を孕んでいるかもしれない…
野党は日報の存在を知り、大臣と政権の首を取れる文書に気がついた。将来の野党もそうだろう。今後は海外に自衛隊が派遣されるたびに、毎日野党は日報の公開を要求してくる。政権は自衛隊の海外派遣を控えるようになる
ここにも書いてあるが、これから自衛隊が活動するたびに野党が日報公開を迫り、一言一句正しく言えなかったら大臣を辞任しろという未来が見える。
シビリアンコントロール云々はクソメディアやクソ野党の論調よりもこういうの読んだ方がいい
稲田大臣が辞職すればどうなるのか。歴史的な事実として残るのは、制服組がリークによって大臣を辞職させ、首相の政治生命すら危うくさせたという前例である。
人間の所業である政治ってものがまったくわかってないヤツの戯言だな(笑)
"この論争について…ピーター・フィーバーは、「軍人にとっての一義的な"文民"(シビリアン)とは国民なのか、大統領や国防長官なのか」という前提の違いによるものとした。" /
タイトルには失笑するしかないが、シビリアンコントロール上辞めさせる順序と手続が重要なのは確か。稲田大臣も「制服と背広の隠蔽に加担した」かどで罷免に値するが、粛軍が先でないといかん。 /
これ防衛省の制服幹部は全員逮捕、主犯は極刑ぐらいの案件だと思う。 /
@JBpressから 全くもって異論がない。こういう意見がまだ出てくるだけ健全だとは言える、たとえメディアの主流にはならなくてもね。
@JBpressから

心配してること全部書いてあった
気に入らない者を潰す為なら手段を選ばないという陰湿かつ卑劣な輩こそ徹底的に潰すべき!!

@JBpressから
まあ仮に実質的な罷免であったとしても、国民から選ばれてすらいない軍幹部や官僚が選良の首を飛ばすべく画策し成功する、のなんか最悪の前例になるわけで、内閣改造までは首が飛ばすわけにいかんわなあ。
①「今回の件で、稲田大臣が辞職すればどうなるのか。歴史的な事実として残るのは、制服組がリークによって大臣を辞職させ、首相の政治生命すら危うくさせたという前例である。」
正論である。間に合わなかったけど。
民主党政権時なら国民は支持したかも知れないが、安倍政権の足を引っ張る行為は許せない。
この手の抵抗はどの省庁にもあるもんだと思うが。。「軍」であることが問題だと言っている事に気がつくのに暫くかかった /
この記事について自分も同意します。日報の取り扱いについても。
成功させちゃったから、今後は方々で起きるのかな…。
こんなの書きましたので、ご覧いただければ幸いです^^


そうなのよねぇ、稲田さんはやめた方がもう本人にとってもいいと思うけど、どうも良くない雰囲気がある
確かにクーデターに近いな。陸自のリークが決定打になるのかどうかは曖昧だが。
ごもっともなこと書いてるけどリークされたことが問題でなくリークされるような事案があったことがもんだいなのでは?
-
陸自の「クーデター」を許すな。稲田朋美防衛大臣が連続する防衛省内部からのリークによって揺さぶられ、ついには安倍政権の屋台骨まで揺るがされる事態になっている。リーク元は陸自幹部との説が濃厚だが、これは、まさしく〝クーデター〟である。
これはあると思う。 / (JBpress)
以上

記事本文: 陸自の「クーデター」を許すな 安倍首相と稲田大臣は民主主義の防波堤 | JBpress(日本ビジネスプレス)

関連記事

画像で見る主要ニュース