最先端AIで、人間に見えなかったものが見え始めた 可視化され、利用され出したニューラルネットワークの暗黙知 | JBpress(日本ビジネスプレス)

前回に引き続きR&D最先端のお話です。国際的にAI開発が注力され、IoTやユビキタス情報化が推進されるなか、これらの環境全体で同時に発生、進行する「知のリスク」と、それに対する東京大学の取り組みの1つをご紹介しましょう。...

Twitterのコメント(20)

「人間の知らない間に勝手に知識情報が生成され、人知れず実社会に適用されるというグレートブラックボックス」 /
「ニューラルAIが進展すると情報の「ダークマター」が新規大量に生み出されることが分かっています。」
インプットがコントロールされている状態なのか。
「暗黙知」ってポランニー(兄)の発案だったと思うが、それを「知る」のが、あくまで「人間」だったと思う、当然ちゃ当然だけど。でも、もはや「現世利益」で考えない方がいいと思う。それより、A.Iの「暗黙知」を予見し、恐怖する方がいいのでは?
う〜ん記事としては面白いけど、言葉というか、難しく難しく語ろうとして居て、それが何か勿体無い
日野原先生のご訃報ですっかり失念していました 「知の第二量子化」あるいは「知の繰り込み」「知のプロパゲータ」などと呼びうるような、さまざまな原理的演算を検討しています
知の死角。埋まるとどうなる?/
最先端AIで、人間に見えなかったものが見え始めた(JBpress)  例えば政府がAIを使って投票率を上げるために国民投票を自動化しても人口の50%はそれに気付かない。見えないAIの動きって恐怖だわ。
読んだ後で著者名見て「ふふふ」ってなった。/
なかなか興味深いお話( ̄▽ ̄)
人間に見えなかったものが見え始める⁉️
前に人工知能同士で会話させたら知らない言語作って喋り出したってのがあったけどあれがグレートブラックボックスってやつか
人工知能「ケェー!いちいち人間にわかるように翻訳するのめんどくせえー!人間、滅ぼしちまええええ!」 /
「シンギュラリティ」という言葉、最近よく聞きますなー
最先端AIで、人間に見えなかったものが見え始めた - 世界の中の日本
「超複雑系における巨大なブラックボックス=自動化されたシステムで人間が認知観測できない莫大な盲点の集合」を「知の死角 (Knowledge Blind Angles)」と名づけ、この基礎的な性質から検討していくプロジェクト。
以上

記事本文: 最先端AIで、人間に見えなかったものが見え始めた 可視化され、利用され出したニューラルネットワークの暗黙知 | JBpress(日本ビジネスプレス)

関連記事

画像で見る主要ニュース