中韓の譲歩で実現した日中韓首脳会談 中韓の圧力外交は失敗した!理不尽な「前提条件」を撥ねつけた安倍政権 | JBpress(日本ビジネスプレス)

日本、中国、韓国の三国首脳会談、そして日中、日韓の首脳会談の開催が、東アジア情勢を大きく変化させるかもしれないニュースとして報じられている。これによって3カ国の関係が根本的に変わったわけではないが、今回は注視すべき変化がある。...

Twitterのコメント(21)

従来の中国「日本の政権がこんな反中の政策をとるから、首脳会談が開けないのだ」日本国内「中国との首脳会談が開かれないのは日本側の失態」と言うパターンを打破した安倍外交 -
そう言った評価も出来る。→
引用:明らかに中韓の日本への譲歩である。両国の高圧的だった外交姿勢が軟化し、後退していることの表れであり、これまでの日本への威圧外交、圧力外交は失敗したのだと言ってよい
外交とは国益を守るための交渉の場であり、会談開催カードをちらつかせ譲歩を迫るという戦術があまり有効ではないことが、今回の事案でもハッキリしたのではないだろうか…
中韓の譲歩で実現した @JBpressさん

もっと踏み込んで「二度と慰安婦や南京の事は口にしない」と言わせたい!
無理か…

#南京大虐殺はウソ
まあ、この程度はソレこそ大前提だけどな…
『 』
次期政権は「日本は譲歩しない」という姿勢を崩すべきではない。それは日本のためだけでなく、世界のためにもなる。
泥棒に「譲歩」なんてする必要なしだし、してはいけない。
@JBpressから
駄々っ子を甘やかせば、図に乗って要求がエスカレート。
理不尽な要求に迎合する事無く、誠実な外交展開の賜物で、毅然とした対応の成果だ
中韓の理不尽な前提条件を撥ねつけた安倍政権 - 小森義久氏


「安倍晋三政権は要求には屈しなかった。首脳会談を開くために本来、実行するつもりがないことまで実行する、という選択肢はとらなかった。安倍政権だからこそ、そうした道を選べた」
中韓の譲歩?アメリカからの要請の間違いでは。 /
安倍首相は普通の事してここまで持ち上げられる。今までの日本外交が異常だった>>
安倍政権、最強です!支持‼
日本への圧力外交とは、中韓が我々が納めた税金を搾取しようということ。こんなことを50年もやってきた。
今回まさにクレーマーを安倍首相が処理したという感じだ!

JBpressより
手段の目的化による弊害の典型例。学んだ教訓を今後とも生かすべし。
2015.11.3(火) 古森 義久



JBpressより
中韓の譲歩で実現した日中韓首脳会談 - 国際激流と日本
こういう毅然たる態度を続けなければならない。会談は対等に行うもの。お土産など必要ない。 >
以上

記事本文: 中韓の譲歩で実現した日中韓首脳会談 中韓の圧力外交は失敗した!理不尽な「前提条件」を撥ねつけた安倍政権 | JBpress(日本ビジネスプレス)

関連記事

画像で見る主要ニュース