もう中国には純愛など存在しない 文化大革命が壊した中国の伝統的倫理観 | JBpress(日本ビジネスプレス)

先日、中国人の旧友に北京で会った。友人は日本の大学に学び、その後15年ほど日本で働いていたが、現在は中国に戻って北京にある会社の取締役になった。順風満帆、あとは結婚するだけかと思ったが、中国ではエリートほど結婚には二の足を踏むというのだ。一体どういうことなのか。彼が語った当世、中国の結婚事情とは。 出世するほど結婚が怖くなる ――取締役就任おめでとう! 「ありがと...

Twitterのコメント(26)

一部のビジネス社会だけについてと捉えるべき話だろうけど…。彼らとは、「相手を儲けさせよう」くらいじゃないとうまくやれないんだろうな。→
愛人ビジネス

「結婚は考えているよ。ただ、そう簡単じゃない。俺は中国の女性が怖くて結婚できないんだよ。中国人の精神構造は文化大革命によって壊されてしまったからね」
センセーショナルなタイトルだなと思ったらやっぱり伝聞止まりの内容だった。
(こういう意見が多いのかな)「中国人の精神構造は文化大革命によって壊されてしまった」「タガが外れてしまった」 /
聞いてはいたが、倫理感なき集団の実態。
文化大革命で破壊された儒教精神と歴史文化、残されたのは拝金主義に歯止めの聞かない荒んだ心。「もう中国には純愛など存在しない」
"奇跡の成長がもっとも劇的に変えたのは"女心"だ。もうこの国に純愛など存在しない。全てが"お金"。女の子はお金としか結婚しない。"純愛が無いでしょッ!! /
『女の子はお金としか結婚しない。』
日本には存在するのかね…。 /
実際どうだか知らんけど、面白い
文化大革命で中国から宗教(儒教)が消えた結果、女性の価値観はどのようなものになったか、というお話(誇張表現多く眉唾もあれど)。ディストピア小説読んでるような絶望感きてる
拝金の末の倫理観への回顧
習近平は文革に否定的なのか
国家が人を統治しすぎた弊害です
少しくらいは存在すると思うのだけど…
---
たかが十年しか続かなかった文革の影響を強調しすぎだろ…現代中国女性は愛人になるのに抵抗がないっていうけど、昔から「後宮三千人」と言われてた国だぞ…
日本は恥の文化と言われると奥が深いなぁ…。
(文化大革命が壊した中国の伝統的倫理観)/ 川島 博之-JBpress *氏の友人の中国人エリートが語る現代中国人の心の闇!毛沢東暗殺未遂の林彪はともかく"論語"の孔子批判が正義感の喪失で欲得を増長!
そういや中国に女性の官僚っていない?よな?>
そうだったのか、それで中国人の若い女の子が…。 >
中国の愛人って日本でいう妾のような存在かな。一人っ子政策で子供が1人しか産めないのは残酷だと思う。 /
>中国ではエリートほど結婚には二の足を踏む
儒教は宗教心の薄い中国人の倫理の根源になっていたが、それを文革が徹底的に破壊した。川島博之さんのコラム。  中国では"愛人"がビジネスになった。企業が若い女性に金を渡して、官僚の愛人にする(愛人を賄賂にした)。もう中国に純愛は存在しない。
「儒教がなくなったら倫理もなくなった。(略)だから、若い女の子になぜ愛人になってはいけないのか、説教ができない。」
中国の男性は大変だな。
もう中国には純愛など存在しない - 中国
以上

記事本文: もう中国には純愛など存在しない 文化大革命が壊した中国の伝統的倫理観 | JBpress(日本ビジネスプレス)

関連記事

画像で見る主要ニュース