日中摩擦、日本人投資家が「不買」で反撃

アジアの2大経済大国である日中間で領有権を巡る論争が繰り広げられる中、中国人消費者による日本製品の不買運動に呼応するような形で、日本の個人投資家が中国の資産に背を向けている。 中国株ファンドの設定中止相次ぐ 野村の調査では、人民元の評価が過去最低となった〔AFPBB News〕 調査会社リッパーのアナリストらによると、日本国内の資産運用会社はここ数週間で、上海株に投資するために合計で670億...

Twitterのコメント(81)

これは感情論として当然の事だと思う。
←日本人として義憤に駆られたからではない。中国の正当な評価なんだよ。投資家は儲かると思えば戦争にだって投資するんだ!!!
一番の原因は中国経済の減速だろ。それプラス尖閣問題でさらに経済は減速するって予想したんじゃない?自業自得乙ってことで。
敬遠という言葉を教えてくれたのが中国だが、しっかり守りは固めて敬遠するのがいいのでは。ここの最後の一言はないでしょう。
中国自体がバブル弾けて終了でしょ? 成金中国終了 ⇒  日本国内の資産運用会社はここ数週間で、上海株に投資するために合計で670億円募集しようとしていたファンドの設定計画を中止した。
日本の投資家は中国から手を引くべきだ。
「世界最大の純債権国である日本の個人投資家――比喩的に「ミセス・ワタナベ」として知られ、集団として1500兆円以上の資産を所有――は、外国の資産や通貨の価値に対して大きな影響を及ぼすことができる。」
日本も皆が不買になれば少しはデフレが解消されて良いんじゃないかな。
上海株の更なる暴落有りやな、中国経済のハードランディング間違いなしや。
JBpress『日中摩擦、日本人投資家が「不買」で反撃』 "たとえ島を巡る論争がなかったとしても、成長パターンの減速のせいで、(日本人投資家にとって)中国の輝きはいくらか褪せていたはずだ。" 何でもかんでも尖閣問題に結び付けるのは良くない
まあふつうにリスク回避 /
感情じゃなくて普通にリスクでは。 RT @kinbricksnow アジアの2大経済大国である日中間で領有権を巡る論争が繰り広げられる中、中国人消費者による日本製品の不買運動に呼応するような形で、日本の個人投資家が中国の資産に背を…
『「投資先として中国経済と日本経済のどちらかを選ばなければならないとしたら、多くの人は前者を選ぶだろう」』どうかな~?感情論だけでなく投資先としては危険だと判断された部分も大きいんじゃないのかな。
あまり中国に依存するのはやめた方がいいですね。
アジアの2大経済大国である日中間で領有権を巡る論争が繰り広げられる中、中国人消費者による日本製品の不買運動に呼応するような形で、日本の個人投資家が中国の資産に背を向けている /
中国リスクを避けたいというのが本音でしょうね。ま、敢えて嫌いな国に投資する事はないというのもあるだろうけど(´ε`;)
]
不買というよりリスク回避、という見方の方が自然。 /
日本国内の資産運用会社は、上海株に投資予定のファンド670億円の設定を中止した。しかし、まだ日本よりは中国への投資に魅力を感じている投資家の方が多い。なんと寂しい事ではないか!
こんなんお互いにそして全世界的にも損するだけなんだよね
日本で募集する中国債が急減。日本人投資家が急激に感情を悪化させる。
Reading... by
最早戦争一歩手前。外交の動向が重要。
ミセス・ワタナベは支那だけでなく株屋にも相当甘く見られている。今更、敵の侵略国家を支援してやる日本の個人投資家がいるとでも思っているのか。  -
(フィナンシャルタイムス)…違うだろ、チャイナリスクを思い知った当然の反応だろ… 集団として1500兆円以上の資産を所有し―外国の資産や通貨の価値に対して大きな影響を及ぼす…これは有効に使いたいね。
「野村が個人投資家を対象に行った最新の月次調査では、今後3カ月間で投資対象として「魅力的な」通貨を1つ選ぶよう求めた設問で、人民元が過去最低の評価に」
日中摩擦、日本人投資家が不買で反撃
(JBpress/FT)
… 成長パターンの減速のせいで、(日本人投資家にとって)中国の輝きはいくらか褪せていたはずだ。だが、政治的な問題が多少の追い討ちになった…
尖閣の問題もあるとは思うけど、中国経済の先行きがちょっと怪しいっていう判断もあるんじゃないかな。 /
(2012年11月12日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)
既に中国への投資自体がオワコンなんでは?
「中国株ファンドの設定中止相次ぐ」。効果があるのか疑問。。> (JBPRESS)
反撃と言ってる時点で劣勢@SeiichiMizuno: なるほど・・> "
なるほど・・>
フィナンシャルタイムズの記事。 /
[ネタ]ミセス・ワタナベはまだ現役なのかw /
エコノミストからこういうお墨付きをもらう日本になったとは。「投資先として中国経済と日本経済のどちらかを選ばなければならないとしたら、多くの人は前者を選ぶだろう」 /
日中摩擦、日本人投資家が「不買」で反撃_JBpress
: 2012年11月13日(火) [ Financial Times ] 日中摩擦、日本人投資家が「不買」で反撃  [Financial Times] アジアの2大経済大国である日中間で領有権を...
以上

記事本文: 日中摩擦、日本人投資家が「不買」で反撃

関連記事

画像で見る主要ニュース