LIBORスキャンダル:悪徳銀行家

登録日時 : 2012-07-09 01:05 | 掲載サイト : JBpress(日本ビジネスプレス)キャッシュ
26コメント

(英エコノミスト誌 2012年7月7日号) 英国の金利不正操作スキャンダルは、どのように広がる可能性があるのか。また、この問題にどう対処すべきなのか。 「我々も、ほかの人々以上に未来を正確に予測できるわけではない。そのため、多くの過ちを犯してきた(過去5年、そうでなかった者がいるだろうか?)。だが、我々の過ちは判断の問題であって、原則の問題ではなかった」。金融危機のさなかにあった1933年、J...


Twitterのコメント(26)

「LIBOR(ロンドン銀行間取引金利)は、推定『6京4,000兆円』もの金融商品の設定に用いられている。もし、このLIBORの不正操作の試みが成功していたのなら…、それは疑いなく『史上最大の証券詐欺』事件である」
LIBORって言葉始めて聞いたが、金融業界腐ってるな・・・。
悪徳?な金融政策をウォッチする仕事。 RT @equilibrista 金融政策だって似たようなものだ / "LIBORスキャンダル:悪徳銀行家"
金融政策だって似たようなものだ /
さらにバークレイズは、中央銀行であるイングランド銀行(と英国の官僚)が操作を黙認していたと解釈できる証拠を公表している /
金利を操作するスキャンダルがばれたらしい
: (英エコノミスト誌 2012年7月7日号) 英国の金利不正操作スキャンダルは、どのように広がる可能性があるのか。また、この問題にどう対処すべきなのか。 「我々も、ほかの人々以上に未来を正...
メモ。> (JBPRESS)
(英エコノミスト誌 2012年7月7日号) 疑惑は中央銀行にも
根本的なところでも不正が起きてる。確かに魔女狩りするレベルではなさそう。→
: 2012年07月09日(月) [ The Economist ] LIBORスキャンダル:悪徳銀行家  [The Economist] 英国の金利不正操作スキャンダルは、どのように広がる可能性が...
銀行も銀行に限らず RT @JBpress: LIBORスキャンダル:悪徳銀行家
以上

記事本文: LIBORスキャンダル:悪徳銀行家

関連記事

26コメント 2013-02-01 08:21 - www.bloomberg.co.jp

2月1日(ブルームバーグ):ロンドンのリバプール・ストリート駅を見下ろすロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS )のトレーディングフロア。この外れにあるデスクでポール・ホワイト氏は毎朝、コンピューターに一連の数字を打ち込む。 1984年にRBSに加わった同氏は、ロンドン銀行間取引金利(LIBOR)を設定するために金利を申告する担当者の1人だ。ブルームバーグ・マーケッツ誌3月...[続きを読む

画像で見る主要ニュース