笑止千万!北朝鮮が「脅威」のわけがない   国境と国益(第2回)

1990年代後半以来、より正確に言うなら北朝鮮で「建国の父」金日成主席が死去してから、日本の世論は同国によるミサイル発射実験や「核」開発に振り回され続けてきた。2011年12月に死去した「2代目」金正日総書記による“瀬戸際外交”にヒヤヒヤさせられることがしばしばだった。  日本海に向け、次々に開発される「ノドン」「テポドン」のような弾道ミサイルを発射する...

Twitterのコメント(38)

[やすトラ]『笑止千万!北朝鮮が「脅威」の訳がない 国境と国益(第2回)』・・・共産圏の軍事史、軍事技術史に関する執筆活動をする著者による北朝鮮分析。
なんかね最近のマスコミの「北朝鮮脅威論」をバカバカしく見てたんだが これも原発事故を必要以上に大騒ぎしてるのと同じなんじゃないかなぁ っと思ってたらこう言う記事が出てた 同感ですな 北朝鮮が何故存続してるかと言えば中国とのバランス以外ない
まぁまぁおもしろかった。
ただ本筋とは関係無いけど、「核融合」と「核分裂」を2ページ目最後で混同して使用している。
ぶっちゃけ、北朝鮮にはミサイルの燃料を保持する能力も殆どないと思う。
2009年4月5日には、我が国の東北地方上空を越えて太平洋までミサイル(北朝鮮側は「人工衛星の打ち上げ」と発表)が飛ばされた RT@ /
こいつらは他国に迷惑をかけずに南北で勝手に潰し合えば良い。地球上にいらない国。>
「燃料、食料、それから資金と技術
力・・・これらを欠いた軍事力というものは、実際的なものではない」「これを使う時は北朝鮮が国家として「自殺」する時だけである」
"これを使う時は北朝鮮が国家として「自殺」する時だけである。"って。いや、自殺行為でも平気でやりかねないから怖いんだけど。
御意といいたいところだが、弾頭怪しげなルートで仕入れたりとか、シナリオなしに始めちゃった国とかあるし・・・
国家の指導者が、楽観的なシナリオを夢想して軍事行動を始めた例はいくらでもあるよね。/日本相手なら核弾頭でなくても、核廃棄物を詰め込んだダーディボムで十分でないか?福島のアレを見てるとそう思う。 / "笑止千万!北朝鮮が「脅威」のわけが…"
(JB Press)笑止千万!北朝鮮が「脅威」のわけがない(…北朝鮮の核・ミサイル開発の状況が不明である以上、私は著者ほど楽観的にはなれない。しかしオーバーに騒ぐのも確かに問題だ。北の脅威はミサイル防衛の充実でかなり対策はできている。
北朝鮮は4月に「衛星」を打ち上げると発表、長距離弾道ミサイルの発射実験だと各国は批判している。その北朝鮮の軍事力の実態は、脅威になるほどのものではないと指摘。古是三春さんのコラム。 「正しく」怖がることが必要なんだな。
楽観論は禁物ですが、私も「北朝鮮が「脅威」のわけがない」と思っています。それよりも、拉致被害者を返すことでしょう。
この記事が笑止千万だっつーの。(もしかして、日本人を油断させる作戦?)
★こういうアホなことをよくいうよ、ですな。軍事というのは別にハード攻撃だけでなく、工作員浸透や思想浸透もありえますわね。特に「ポスコロ(反日)」思想普及の司令塔は北でしょ。
しかし、これ等の北朝鮮が持つ外交カードが日本に対して非常な効果を上げているのは間違いの無い事実でしょう。侮れ無い相手である事は確かな様である。
いや、音も無く米韓軍事演習の中で魚雷発射して音も無く消え去る事が可能な国だから。 RT @JBpress: 笑止千万!北朝鮮が「脅威」のわけがない
★IT見聞録22原発の隣に日本人街を?
北朝鮮脅威論は確かにお粗末。テポドンより中国漁船の方が百倍脅威。戦争の抑止とは防衛力の強化ではなく、制圧力もしくは殲滅力の強化にある。ミサイル防衛など戦争を知らない世代のお粗末な発想。国力に相応しい武力保持は必要。…〜
これはあくまで国という単位の話であって、人という単位で考えたら脅威だと思います。ミサイル一発で日本が崩壊するわけないといっても、その一発で自分が死んでしまう可能性があるのだから。
結びに曰く:"北朝鮮は大砲やミサイルのような「飛び道具」をふんだんに持っている。しかし、これを使う時は北朝鮮が国家として「自殺」する時だけである"。御意、だから道ずれだけにはなりたくないのだ。/
"技術的可能性という面で見るなら、北朝鮮よりも日本の方が核ミサイルを短期間で実用化できる可能性が高いのである(実際、IAEAはそう評価している)"
追い詰められた時に国家が「自殺」しない保証はない。福井や東京に核ミサイルが着弾すれば、そのダメージは計り知れない。この問題は、まさか撃たないだろう、撃つなら撃ってみろでは済まない。 /
正に正論!が、国防音痴、平和ボケの多くの国民には最初から論外。脅威の意味さえ分らない?ミサイルとんでも他人事。日本には起こりえないと瞑想平和思想の夢の中・、国防も誰かがすると他人事の忘誇民。
このような意見もある。
軍事的行動はミサイル1発を撃って終わる話ではない。外交・政治力、さらには国内経済のサポートによる継戦能力も含めた国家の総合力が問われる問題である。>総合的国力に劣る北朝鮮にはできない。同意。
国境と国益(第2回): 2012年03月19日(月) [ 世界の中の日本 ] 笑止千万!北朝鮮が「脅威」のわけがない   国境と国益(第2回) [古是 三春] 北朝鮮は大砲やミサイルのよう...
以上

記事本文: 笑止千万!北朝鮮が「脅威」のわけがない   国境と国益(第2回)

関連記事

画像で見る主要ニュース