TOP > 海外ニュース > 中央日報 > 映画『軍艦島』、...
10コメント

やはり「当然」はない。損益分岐点の突破すら切実になった。 映画『軍艦島』(リュ・スンワン監督)の観客動員力が公開2週目に入って大きく落ち込んだ。公開初日97万人を動員して歴代最高のオープニングスコアを記録した勢いがかすんでいる。公開後10日間、『軍艦島』は、積極的なマーケティングにも関わらず観客動員数が思うように伸びず苦戦を強いられ、これが直ちに興行に影響を及ぼしている。 映画...


Twitterのコメント(10)

「反日の大嘘」を映画にするのは、映画の中で写真を撮る演技をするのより超馬鹿げているから。潰れろよ
ファンタジーには無理がある
歪曲した作品を好む様な危篤な人が減ったって事だね。
【】映画『軍艦島』観客動員数が急落…損益分岐点も危ない?|
赤字になるかも…ニダ
イーストウッドの「硫黄島からの手紙」も史実を絡めたフィクションだったが随所に戦った相手への敬意があり作品としても素晴らしかった。薄っぺらい反日もそろそろ自国民にも飽きられてるのではないか?
まず、中心テーマの脱出劇がウソ、その上考証が韓国側から見ても変、脚本がイマイチでは、ジュンギたち俳優が可哀想(;_;)。→ (中央日報日本語版) - Yahoo!ニュー.. -
私もタクシー運転手の方が観たい。
韓国 映画『軍艦島』、観客動員数が急落…損益分岐点も危ない
|
反日要素が足りなかったという事ですよね?
| Joongang Ilbo | 中央日報
そうだ!日本で公開すれば!
以上

記事本文: 映画『軍艦島』、観客動員数が急落…損益分岐点も危ない? | Joongang Ilbo | 中央日報

関連記事

21コメント 2012-08-21 17:11 - otanews.livedoor.biz

劇場版アニメ「時をかける少女」(06年)や「サマーウォーズ」(09年)で知られる細田守監督の最新作「おおかみこどもの雨と雪」が7月21日の公開から30日間で観客動員数が240万人を突破したことが20日、明らかになった。また、同作のヒットを受け「ハウスシチュー」(ハウス食品)とのコラボキャンペーンを20日から実施する。細田監督の演出によるオリジナル映像を使用したCMが8月末~10月に放送...[続きを読む

画像で見る主要ニュース