22コメント

+SIMってナニ? 日経電子版 + 月間5GBデータSIMの意味。MVNOが始めたスマホやSIMの「格安」以外の楽しみ方...


Twitterのコメント(22)

単にその距離まで移動するだけでなく、その位置で停止する必要がある。原子力電池とイオンジェットの組み合わせで可能だろうか? / "NASA、太陽をレンズにする「重力レンズ望遠鏡」コンセプト発表。825億km彼方に配置し系外惑星を詳…"
夢がある。ボイジャーの4倍先とか、、、本当に夢だな\
その前に第9、10番惑星の方が見つかりそう /
"約100光年離れた位置の惑星でもおよそ1000 x 1000pxほどの解像度で、その表面も10km区切り程度で画像化できる" / "NASA、太陽をレンズにする「重力レンズ望遠鏡」コンセプト発表。825億km彼方に配置し系外惑…"
NASA、太陽をレンズにする「重力レンズ望遠鏡」コンセプト発表

地球からもっとも手頃な位置にあって重力レンズを生み出せる天体といえば太陽ですが、正確な観測のためには太陽から550AUの位置に宇宙望遠鏡を配置しなければならないとのこと
頭良いな…。おそらく考案したのはアメリカ人ではないな。
NASA、太陽をレンズにする「重力レンズ望遠鏡」コンセプト発表。
ロマンがある。/目標の550天文単位に行くにはもっと強力な推進器がないと無理そうだ。 /
1000x1000pixまで大きくできるんならすごいなー
これ、昔ネタで考えて、即自分の中で却下したやつだ。あまりにも使い勝手が悪くてね。
物凄く壮大なコンセプト。ハードSFのネタになりそう。 /
とんでもない距離だけど、得られる画像もすごいな!
口径が太陽の直径ぶんの望遠鏡か。置き場所が冥王星の遠日点より11倍も遠いしピント合わせも軌道を動かすだろうから大変そう。
まさしく壮大である。まずは550auを駆け抜ける推進方式と動力源を。|
@engadgetjpから
重力レンズって夢のある表現だな
"正確な観測のためには太陽から550AUの位置に宇宙望遠鏡を配置しなければならないとのこと" /
設置位置はボイジャー1号の現在位置の約4倍か。実現するまでNASAが存続できているかな。:
SF映画の設定にしか聞こえないなぁ//
【 Japanese RSS Feed(engadgetjp)】 NASA、太陽をレンズにする「重力レンズ望遠鏡」コンセプト発表。825億km彼方に配置し系…
以上
掲載元: NASA、太陽をレンズにする「重力レンズ望遠鏡」コンセプト発表。825億km彼方に配置し系外惑星を詳細観測 - Engadget 日本版


他のコメントを探す:Twitter検索 はてブ

関連記事

23コメント 2012-05-11 15:03 - www.afpbb.com

【5月11日 AFP】米航空宇宙局(NASA)のスピッツァー宇宙望遠鏡(Spitzer Space Telescope)による赤外線観測で、太陽系外惑星スーパーアース(Super Earth、巨大地球型惑星)からの直接光がこのほど初めて検出された。  今回、光の検出に成功したスーパーアースは「かに座55e(55 Cancri e)」で、公転周期は18時間。軌道は主星に非常に近く、常...[続きを読む

画像で見る主要ニュース