TOP > IT・テクノロジー > Engadget Japanese > お得すぎるSIM...
27コメント

11月20日に日本でもドコモからようやく発売された「Xperia Z5 Premium(以下Z5P)」。すでに海外SIMフリー版を入手していた筆者は、格安SIM「DMM mobile」を購入して運用開始。使用感をレポートします。 まずは、ドコモ版の価格からチェックしていきましょう。新規と機種変が同じ価格で9万3312円(税込、...


Twitterのコメント(27)

あんま差がないな なんということでしょう。新規・機種変では10万円以上、MNPでも4万円ほどSIMフリー版のほうが安くすみます。容量を増やせばもっと差が開きます。
格安SIM気になる
あくまで一例だが。(-ω-;)ウーン
premiumはちょっと憧れるなあ。

お得すぎるSIMフリー版Xperia Z5 Premium+MVNO SIM、格安データSIMを導入してみました - Engadget Japanese
SIMフリー版はハイレゾ&ノイキャンの対応はどうなっているのだろうか【 SIM、格安データSIMを導入してみました】
高級SIMフリースマホとして十分通用しそうな感じ //
これ技適は大丈夫なん?/
@engadgetjpから
こういう分かりやすい記事イイね!さあ皆クソキャリア解約しよう!
値段よりもなによりも、ドコモみたいなゴミキャリアがosのアップデートを邪魔しないと言う点だけ見ても、遥かにキャリアモデルよりいいと思う。 /
@s_hrb っグロ版

engadgetjpから
これは良い記事
参考になる。
SIM、格安データSIMを導入.. -
やはりドコモ版欲しいなー。
何もトラブルがなければ良いけど⁉️初心者にはまだまだハードルが高い事が多いのかなぁ(・・;)
いやいや、そもそも高過ぎるって… /
Z5… 日本語版: Engadget 日本語版
日本中で使えるWiFiの有無は無視か? -
さらにSIMフリー版には背面にキャリアロゴがなく、日本未発売のカラー「ゴールド」が選べるってのも大きなメリット。
使用可能な電波バンドの説明も一切なくて、よく記事にしてるなこれ
これ書いてるライターさん初心者なの?

SIMフリー版Xperia SIM、格安データSIM導入 Engadget Japanese
以上

記事本文: お得すぎるSIMフリー版Xperia Z5 Premium+MVNO SIM、格安データSIMを導入してみました - Engadget Japanese

関連記事

38コメント 2016-03-02 12:34 - k-tai.impress.co.jp

なお、バージョンアップ後は「低バッテリーモード」と「STAMINAモード」が利用できなくなる。「STAMINAモード」は4月下旬以降のソフトウェア更新で対応する予定。 更新は端末単体(3G/LTE/Wi-Fi)で行う。3G/LTEを利用した更新には、spモードの契約があるドコモのSIMカードが必要。パソコンを用いた...[続きを読む

画像で見る主要ニュース