TOP > IT・テクノロジー > ZDNet Japan > セブン銀行、勘定...
12コメント

セブン銀行は日本の金融機関では初めて、2018年度をめどに勘定系システムの本番機を東京と大阪で交互に運用する「東阪交互運用方式」を導入することを決定した。同行と日本ユニシス、野村総合研究所が8月9日、共同発表した。 同行は、2006年1月に日本ユニシスが開発するWindowsベースの無店舗型銀行向けオープン勘定系システム「BANKSTAR」を導入。野村総研がシステムインテグレーションや保守、更改作...


Twitterのコメント(12)

クラウド屋は昔から。セブン銀行はクラウド屋に近づいていく。他の銀行は?「本番機とバックアップ機を東京と大阪のデータセンターに分けて運用している。今回はこれを本番機として交互に運用する方式に切り替え...
従来は本番機は東京、バックアップ機が大阪だったが、今回、本番機を交互に運用する方式に切り替えてディザスターリカバリ、24時間無停止の連続稼動を目指すらしい。 /
なかなか興味深い。普段から勘定系のマシンを交互に使っておけば、災害時あわてることもないかも
邦銀初なのか。これ災害バックアップもだけど、メンテで止まることも無くせるので画期的というか、当たり前のように各行も追従してほしいなあ。 /
予備機立ち上げてみたが動かない…というcold stanbyあるあるは防止できそう "本番機とバックアップ機を東京と大阪(略)に分けて運用(略)これを本番機として交互に運用する方式" //
セブン銀行といえば、開業当初国内の銀行でめずらしい、ストラタス社のフォールトトレランスサーバ入れてたけど今度は面白い運用にするんだな。
そんなこともやれていないんだなあ

@zdnet_japanから
へー面白い。/
正副ではなく交互なのかー、試験大変だっただろうなあ。 / - ZDNet Japan:
ほうほう、興味深いな、これ

@zdnet_japanより
これすごくいいと思います。いつでも切り替えられるぞ。慣れてるぞ。という自信。 /
以上

記事本文: セブン銀行、勘定系で日本初の運用方式を導入 - ZDNet Japan

関連記事

25コメント 2013-07-04 01:22 - diamond.jp

引きこもりの人のいる多くの家庭では長年、本人も親も変わることのないまま、長期化、高年齢化だけが進んでいる。従来の30代以下の若年者に重点を置いた支援の仕組みそのものが限界を示していることは、もはや明らかだ。 そんな孤立して高齢化していく地域の実態の一角が、自治体のデータ上でも示された。 東京都町田市保健所が、市内の引きこもりの人たち...[続きを読む

画像で見る主要ニュース