TOP > 海外ニュース > 中央社フォーカス台湾 > 「トイレットペー...
13コメント

推奨閲覧環境: Internet Explorer 9以上、Firefox 8以上、Google Chrome 掲載されている記事・写真などの無断転載を禁じます。すべての著作権は中央通訊社に帰属します。 国営通信社・中央通訊社が運営する日本語ニュースサイト「フォーカス台湾」では、日台の経済、社会、文化、エンターテインメントなどに関する情報提供をお待ちしています。 取...


Twitterのコメント(13)

台湾の環境保護署が「トイレにペーパーを流すことを奨励する政策」を始動したっていうけど、おそらく大抵の日本人が想像すら及ばないであろう汚物逆流という大惨事を体験したことのある私には、台湾の下水設備が整ってるとはとても信じられない。
いいことだね(^-^)
日本から水溶性のポケットティッシュ持って行ってもいいしね。
[ニュース]「トイレットペーパーは、流そう」
但し、台湾の下水道設置率は地域によって大きな違いがあります。旅行者の方は、ホテルやお店の表示に従うようにしてくださいね。
台湾のトイレは紙を流さないとよく言われるけど、シャオインさんの家ではいつも流してます。
次は水流の弱さが問題になってくると思う。
公的機関などが管理するトイレでは6月にもトイレットペーパーを便器に流せるようになる見込み。
台湾のほぼ唯一といっていい不満点が解消するぞ!
公的機関等が管理するトイレでは6月にもって、かなり早い。水に溶ける紙が入手しやすくお値打ちになりそうでうれしい /
良かったぁ( ・∇・)
あれだけは苦手で
台湾留学してたとき普通に流してたな〜
以上
掲載元: 「トイレットペーパーは流そう」 台湾でトイレ改革、政府主導で本格始動 | 社会 | 中央社フォーカス台湾


他のコメントを探す:Twitter検索 はてブ

関連記事

21コメント 2011-06-09 00:34 - diamond.jp

 菅政権はほとんどレイムダック(死に体)化しており、震災復興も進まず、東電福島第一原発事故対応でもモタモタしている。しかし、消費税増税だけが着々と進んでいる。  6月2日の「税と社会保障の一体改革案」で「2015年度までに段階的に消費税を10%まで引き上げる」という方針が明らかになった。  この考え方は財務省がバックにいるので、ポスト菅でも「脱・脱官僚」の民主党...[続きを読む

画像で見る主要ニュース