TOP > IT・テクノロジー > ITpro > リクルート流 ビ...

リクルート流 ビジネスにもの申すITエンジニア - リクルート独自のアジャイル手法「SWAT」と「80%ルール」...:ITpro

21コメント 登録日時:2013-08-06 00:51 | ITproキャッシュ

このアジャイル開発スキームを効果的に実践するには、開発サイドのIT部門だけではなく、ビジネスサイドである事業部門の理解や協力が欠かせない。今回はこの、開発サイドで発案・構築したアジャイル開発スキームを、ビジネスサイドに浸透させていった話をしたい。 リクルートがアジャイル開発の実験を開始したのは2006年頃である。当時はまだウォーターフォール型で確実...

Twitterのコメント(21)

図1●通常のネット開発と「SWAT」の違い: 「SWAT(Speedy Willing Alliance Teamの略)」
リクルート独自のアジャイル手法「SWAT」と「80%ルール」の浸透
>「一度決めたことを必ず実現するのではなく、80%の精度をお互いに意識して進めましょう」というルールを敷くことにしたのである。
「「一度決めたことを必ず実現するのではなく、80%の精度をお互いに意識して進めましょう」というルール」 / "リクルート流 ビジネスにもの申すITエンジニア - リクルート独自のアジャイル手法「SWAT」と「80%ルール」...…"
お互い妥協して作りましょうね手法 -
/* これ大変だったろうなぁ…。考えただけで頭痛くなるは... */ ⇒
今思えばSWATはアジャイルだったのよね。当時は知らんかったけど -
SWATはちょっと関わりあったけど、うまい具合にウォーターフォールからアジャイルに移行した感じがある /
サービス系は特にだよな。
リクルート独自のアジャイル手法「SWAT」と「80%ルール」の浸透で、もの申しやすく(リクルート流 ビジネスにもの申すITエンジニア) -
時間をかけて完璧な仕様を,
ではなく、問題が発生したら臨機応変に、考えながら前に進むで開発スピードを高めよう
「ウォーターフォール型」・・うちの社名とは関係ありません。
リクルート独自のアジャイル手法「SWAT」と「80%ルール」の浸透で、もの申しやすく(リクルート流 ビジネスにもの申すITエンジニア)
6位(4RT)「 リクルート独自のアジャイル手法「SWAT」と「80%ルール」の浸透で、もの申しやすく(リクルート流 ビジネスにもの申すITエンジニア)」by ITpro 連載  サービス開発手法としての「リーンスタートアッ...
以上

記事本文: リクルート流 ビジネスにもの申すITエンジニア - リクルート独自のアジャイル手法「SWAT」と「80%ルール」...:ITpro

関連記事

画像で見る主要ニュース