TOP > 科学・学問 > HONZ > 【連載】『全国マ...

【連載】『全国マン・チン分布考』第1回:京都の若い女性からの切実な願い - HONZ

49コメント 登録日時:2018-09-13 07:07 | HONZキャッシュ

放送禁止用語に阻まれた『探偵! ナイトスクープ』の幻の企画が、ついに書籍で実現。かつて『全国アホ・バカ分布考』で世間を騒がせた著者が、今度は女陰・男根の境界線に挑む! 第一回は「京都の若い女性からの切実な願い」について。はたしてこの企画は、どのように誕生したのか?...

Twitterのコメント(49)

これ非常に読みたい!笑
/ついついおもしろく読んでしまった。
ナイトスクープは偉大やな。
京都の若い女性…りんちゃん
『全国マン・チン分布考』
放送禁止用語に阻まれた『探偵! ナイトスクープ』の幻の企画が、ついに書籍で実現。かつて『全国アホ・バカ分布考』で世間を騒がせた著者が、今度は女陰・男根の境界線に挑む!
kotobaの大人気連載「方言分布図でたどる日本の心」を大幅加筆して構成した新書『全国マン・チン分布考』が本日発売になりました。HONZではドドンと立ち読みを公開中。
思わずニヤけてしまうテーマですが、阿川佐和子さんの推薦文のとおり「本書はまことの学問書」なのです!
コミュニケーションギャップの予防効果が期待される労作。 /
アホ・バカ分布考をさらにディープにしたネタが!書籍は10/5に出るんですね。
この連載が、楽しくて仕方がない。
まあ、一種の民俗学だよなあ。
勉強になった。役には立たない。が
探偵ナイトスクープでは不採用な依頼が書籍化。んでこの連載読むだけでもいい。ただ本も読んでみたい。
上方には紅萬子さんといふ女優がいらっしゃって……と思ったら、改名されてゐました。
『探偵ナイトスクープ』のプロデューサーで『全国アホ・バカ分布考』の著者の新作。
確かにパッケージにもおまんって書いてある
とりあえず、おまん小豆茶でも飲んで落ち着こう。 /
女性の手紙、たしかによくありそう。大阪では女の子のあだ名が東京のそのまんまだったりね。まあTVがやりたくて仕方ないけど、やれない企画ですね。 /
どなたかと思えばアホバカ分布考の松本修さんか!これは楽しみ…!!
これはwww
確かに、大学生になったときに、関西人は表現が違ってたけど、どこから変わるのかには興味がある!
この連載目が離せない!!!
わい、京都府民だけど、「まんじゅう」のことを、「おまん」とか言い出したら、相手を疑うわ。 /
はー、これはたすかるなー。
こう言う調査は空前絶後ではないか
アホバカよりさらに調査がむつかしいよな

しかし地域によってはアフリカの打楽器「ジャンベ」なんかも微妙なんだろうか
アホバカ分布図は面白かった。これも興味ある
- HONZ
予約した
富山は「ちゃんべ」といいますが、地元大好きの田舎住まいのDQNが面白がって使ってましたが全員キョトン(あるいはノーダメージぶる)としてましたね。 /
依頼文の破壊力すごい( •̀ㅁ•́;) ボボ・ブラジルはある地方の方にとってはすごい名前と知ったのは40数年前だったけど、そういう事例は実はたくさんあるんだろうな / "【連載】『全国マン・チン分布考』第1回:京都の若い女性から…"
ひっぱるなー /
これは…
新書担当的には要チェック案件
ホントおもしろい!言葉というか名称って地方で変わるからな~。
こういうのこそ後世まで残る本になると思うんですよ、どうでもいいような恋愛本とか自己啓発本とかよりもね。
チンツイTLの方々にこの書籍を捧げたい
下ネタだが真面目な問題。知らないゆえの恥は仕方ないとはいえ、されられるなら避けたいもの /
興味津々丸 /
これは良い企画。
『全国マン・チン分布考』
「私のおまん、どこにいったか知りませんか?」←あか~んwww
この連載は期待.現代の蝸牛考だ /
大事だけど知らないこと。
今ならネット動画で公開することもできますね! / (HONZ)
101: どこからが不謹慎でどこからが不謹慎でないのかがよくわからなくなるヤツですな。 /
依頼文のテイストが探偵ナイトスクープそのものだから、秘書さんの声で脳内再生される -
これは深刻。
マンコ というあだ名で呼ばれていた まさとし 君は元気だろうか? 約半世紀前の岐阜県南部。もちろんいやらしいニュアンスは一切なかった。 /
「HONZブックマーク」更新。そうなのよ、全国で言い方が違うので困るのよ!注目の連載開始!
数万個とは行かないまでも3桁くらいは言い方の組み合わせパターンがあるのでは、としばし沈考 /
じらし系記事。(・∀・) /
普通にすげー気になる。これはいい調査。境い目も知りたいが… /
あはは、この企画面白い! / (HONZ)
HONZ新連載がスタート! かつて『全国アホ・バカ分布考』で世間を騒がせた著者が、今度は女陰・男根の境界線に挑む!
更新しました!
以上

記事本文: 【連載】『全国マン・チン分布考』第1回:京都の若い女性からの切実な願い - HONZ

関連記事