TOP > ネタ・話題・トピック > GIGAZINE > 「時に『死』の方...

「時に『死』の方がよい時もある」、スティーヴン・キング原作の映画「Pet Sematary」予告編公開 - GIGAZINE

26コメント 登録日時:2018-10-11 19:23 | GIGAZINEキャッシュ

原稿完成後「あまりの恐ろしさに発表を見合わせている」とウワサされたスティーヴン・キングの小説「ペット・セマタリー」(ペット霊園)が、1989年以来約30年ぶりに再び映画化されることになり、予告編が公開されています。タイトルの「Sematary」(霊園)は本来「Cemetery」と綴りますが、この霊園の入口にある看板は子どもが手書きしたものなのでミススペル...

Twitterのコメント(26)

リメイクするんですね。ペットセマタリー、怖い以上にめちゃくちゃ哀しい話なんだよな。
ペットセメタリー、リメイクするのね。
これは本当に切なくて悲しいお話だったよ。
ずいぶん昔の映画なのではっきり覚えてないけど。
これ原作読みたい。
ペットを飼っている者すべてを揺さぶるキングのあの作品がいよいよ。
リメイクしたんだな。旧作も結構好きだったんだけど新作も楽しみだ。
【 Sematary」予告編公開】
もう30年前か 劇場で観たっきりだから全然覚えてないので丁度いい 楽しみだ
これはまた、懐かしいものを。
「原作は好きだが、かつての映画は…。」
不安だww
紹介を見ると、そこまで原作に忠実ではないのね。
ある意味、原作と切り離して楽しめるのかも。

なお、かつての映画。使われてた音楽は良かった。
これは観ないと
前回の映画化はキング原作映像化としては成功例。それも当時まだハリウッドでは珍しかった女性監督の作品。その続編は美少年時代のエドワード・ファーロング主演ながらイマイチ。さてリメイク作は如何ばかりか。 / "「時に『死』の方がよい時…"
ペットセマタリーは、怖かったホラー映画堂々ナンバー2なんだよなあ。トラウマシーンがあって今もちょっと観れない。リメイク観ようかどうしようか。怖いけどとにかく悲しい。ずっと悲しい。悲しいのに怖い。
昔のは観た。<
昔のヤツ、ゾンビを集めていたときついでにレンタルオチのVHSを買ったけどやっぱりゾンビは人間に限るなぁと思ったので結局見てない…
おや、懐かしいものをリメイクするのね。
うわあ懐かしー…ちょおなつかしーーー………
原作はラストが切ないんよね
「死よりも怖い恐怖」とは?
凄い気になるな…
原作読んでいちばん衝撃的だったのは、アメリカの住宅事情だった
しがない大学講師の主人公が買った家てのが、何ヘクタールもあって原生林からインディアン居住地まで含んでる、ていう
これって昔見たことある(内容は覚えてないからもしかしたらタイトルを知ってるだけ?)気がするんだけど、映画化されてなかったっけ?続編?リメイク?
(ฅ'ω'ฅ)
1989年版は鬱になりそうなラストにラモーンズの曲が流れた時は変な感じだった。
原作も面白いから期待してる
予告の太鼓の音で志村けんのだいじょうぶだぁの太鼓の音を思い出した。
約30年ぶりの映画化。
ペット・セメタリー、映画リメイクするんだ

- GIGAZINE
この映画。ミストを超える救いようの無い映画になる予感。
俺ペット・セメタリーの原作こそホラーの真骨頂だと思っとる。怖くて悲しい。これ。
以上

記事本文: 「時に『死』の方がよい時もある」、スティーヴン・キング原作の映画「Pet Sematary」予告編公開 - GIGAZINE

関連記事