TOP > ネタ・話題・トピック > GIGAZINE > 人類初となる「フ...

人類初となる「フルカラー3DのX線写真」がCERNの技術で実現 - GIGAZINE

41コメント 登録日時:2018-07-13 11:29 | GIGAZINEキャッシュ

X線写真は発見から100年たつ今もなお白黒で撮影されるのが当たり前となっていましたが、X線で撮影することで人間の体内をフルカラー3Dモデルで再現できる医療用スキャナー「MARS」が開発されました。...

Twitterのコメント(41)

フルカラーでのレントゲンが実現する可能性。
骨の断面写ってるやん、、、
SF世界の技術がまた一つ現実に。。。
こりゃすごい技術。
100年近く白黒撮影だったのが不思議だけど、これにより病気の早期発見に繋がると良いです。
レントゲン写真のフルカラーとか凄いな。
CERNの聖なる利用
医療の飛躍的な前進
これは凄い
腕時計の裏のアーティファクトはどうなっているのか?
CERNだと!?
おおう、人に寄っては中々生々しくてアレかもね
「減衰したエネルギー量から、脂肪・水・カルシウム・病巣部分などを判別して色に反映させる」だから一種の擬似カラーなんだろうけど、なかなか生々しいねw:
すごいなー、これ

そのうちヘリカルで撮って鮮明な3Dモデルが作れるようになるんだろうなー
CTとMRIがフュージョンしたみたいやな
いやもっと凄いか!?
すげぇ…。いや何がスゴイのかよくわからんけど画像がすげぇ…。
フルカラー3DのX線写真ってすげーな!
こりゃすごい
減衰したX線のエネルギー量から、脂肪・水・カルシウム・病巣部分などを判別して色に反映。
オカリン「まさか、機関の仕業かっ!!」

ーーーーーーーー

GIGAZINE: 人類初となる「フルカラー3DのX線写真」がCERNの技術で実現.


@GoogleNews
理屈全然分からないけどめっちゃすごい!
X線使ってカラーってよくわからん~
みてる:
凄いけどグロい
X線の幅広い色空間に色を与えるの普通に今までやってるけど何が違うのかな。
僕の腰椎も撮ってほしい。
素人マンが補足すると、X線スペクトルの検出には普及してる測定器では無理で、光子1つ1つを検出するようなハイスペック検出器が必要でCERN様の「粒子を正確に検出」するやつの高精度さが可能にしたんだと思われ。 / "人類初となる「フ…"
技術の集積ですなー

「チップセット「Medipix」は、もともとCERNの抱える大型ハドロン衝突型加速器で粒子を追跡するために開発されたもの」
左右反転させることができたら、怪我などで欠損した手足の補完にすぐに応用できそうですね。 / (GIGAZINE)
すげぇ。
色々出来るようになって、それが実用的コストで使えるようになって、うん、手が届くには、もう少しかかるかな
セルンってやっぱり凄いな
おお、これでさらにAI診断の精度が上がるのかな。人類初となる「フルカラー3dのX線写真」がCernの技術で実現
はえ〜こりゃすごいや
ダル…CERNをハッキングしろ…
こ、これは凄い!
骨の中まで見える!
なんとも生々しいけどすごい技術
以上

記事本文: 人類初となる「フルカラー3DのX線写真」がCERNの技術で実現 - GIGAZINE

関連記事

画像で見る主要ニュース