1991年に「21世紀のユビキタスコンピューティング」を予言した論文「The Computer for the 21st Century」 - GIGAZINE

11コメント 登録日時:2018-05-11 08:35 | GIGAZINEキャッシュ

いつでもどこでも情報通信技術を利用できる世界である「ユビキタス」という概念は、1991年にゼロックス・パロアルト研究所の主任コンピューターサイエンティストだったマーク・ワイザー氏が書いた論文「Th...

Twitterのコメント(11)

ユビキタスコンピューティングがライフスタイルを変えると日本でも話題になりましたね。そういえば私も日本ユニシスの営業向けセミナーでお話させていただいたこともありましたが、流石Xerox、先進的でした
この予言に反して多くの人がスマホゾンビ化してしまうのを憂慮しています。思考を手放して今を感じることこそ大事では。
予言じゃないよ。そういうのを見た人たちが続けてきただけ| - GIGAZINE
ああああここでもTRONがなかったことにされてる…80年代に坂村健が「どこでもコンピュータ」って言い出して、後からユビキタスの語が出来たのに
こんな想像力・洞察力がほしい! / (GIGAZINE)
"森の散歩でフラストレーションを感じる人はいない。 コンピュータが、利用を強制せず人間生活にフィットするユビキタスコンピュータになれば、森の散歩のように快適になるだろう" / "1991年に「21世紀のユビキタスコンピューティン…"
落合陽一通ならこの写真は当然知っている.
まだまだ情報の扱い方に課題があるってことかも「森の中は、現在あるどんなコンピューターシステムよりも多くの情報であふれて...
映画「マイノリティー・リポート」のような世界が将来来るのか楽しみです。
以上

記事本文: 1991年に「21世紀のユビキタスコンピューティング」を予言した論文「The Computer for the 21st Century」 - GIGAZINE

関連記事

画像で見る主要ニュース