TOP > ネタ・話題・トピック > GIGAZINE > どうしてもクリエ...

どうしてもクリエイターにお金を払わず仕事させたい人々が言いそうなことアレコレ - GIGAZINE

34コメント 登録日時:2018-04-16 09:04 | GIGAZINEキャッシュ

by Tim GouwTwitterやInstagramなどのSNSが流行する現代では、気軽に自分が作成したイラストや写真、デザイン、ムービーなどを世界中の人々に見てもらうことができます。クリエ...

Twitterのコメント(34)

海外でも日本と事情はさほどかわらないのね…

<クライアントは「クリエイターが作れるもの」には興味を持っているケースが多いそうですが、仕事の対価として金銭を支払うことには興味を持っていないケースが多いとのこと
これ系はほんとよく聞く。まじで無料で頼んでくるやつを直接見たことはないけど、おるんやろうなぁ
全人類に創作義務を強いて欲しい。それと『プロの趣味』を引き立たせられない無能の証明でもあるよねぇ……
日本でもかなりの数のゆるキャラが無償提供だったそうだが払うべきは払われないとね。逆の立場になったら、の視点が彼らには絶対的に欠けていると思う。→
■どこでもこういう人たちはいるんですね。まっとうな企画なら、ギャラの話は最初にされるハズ……。
苦労知らんと文句言うのは多いな どこ問わず
どこにでも似たような輩は存在するのね
Work as lifeは企業が馬鹿を安くこき使うために都合の良い標語である事含みで経験値として消化出来る人のための考え方。諸刃の剣。素人にはお薦めできない。
●ちなみに
楽曲提供の相場 長さや構成により 1曲2万~5万円
海外もたいがいだな(^_^;)
こういう人多いよな。
どこの国でも創作業は冷遇されるのね……。
「スペックワーク」といって、
「気に入れば金払う、そうでなければタダ」みたいな話も横行してるし。
作り手に金払わないって時点で基本、無茶苦茶。
前も言ったように、無料があるならそれはイーブンの法則があるから。
海外でもこういうことはあるのか、それもそうか。そして日本で流れてくるものと比べて言葉がきつい気がする><
やはりどこにでも居るんだな
日本だけじゃないのね
言ってるから末期
払えないなら他に行けばいい
運動もあったとは。
「先月、僕はLSDをやって突然ウェブサイトを構築しなければいけないと思っただけなんだ。だから君に金銭を支払うことはできないよ」→
どこにでも居るのか⁉︎
> どれもひどい
たまに、アーティストは芸術以外を求めてはいけないとか真面目に言う人もいるけど、実際問題金が無ければマイクも買えないし、服も揃えられないし、レコーディングも出来ない。
僕は訳ありで今は大人しくしてるけど、やっぱり世の中金ですよ。
日本に限ったことじゃないんだなぁ(´・ω・`)
悲しいよなぁ
どこの国にもクソ野郎はいるんだなー
「ちょっと絵を描いてよ」
無償でクリエイティブな仕事をせびってくる輩



無償になりそうなら、やっぱサインを残すことかな~
#仕事
日本だけかと思いきや、世界的にも同じような事言うクズはいるのか
日本だけかと思ったら、他の国でもそうなのか…。
どこの国にもふざけた理由で依頼する人間がいるようで。
ワールドワイドな事象であったか>
仕事には対価が必要という発想がない人の多い事。>
どこの国も言っていることは同じですね。
以上

記事本文: どうしてもクリエイターにお金を払わず仕事させたい人々が言いそうなことアレコレ - GIGAZINE

関連記事

画像で見る主要ニュース