IntelがCPUの脆弱性「メルトダウン」「スペクター」対策後のパフォーマンス低下の結果一覧を公開 - GIGAZINE

18コメント 登録日時:2018-01-12 12:11 | GIGAZINEキャッシュ

by Ioan Sameli「すべてのプロセッサが安全性と高速性を両立できない問題を抱える」とまで表現される、2018年の年頭から大騒動になっている脆弱性問題「Meltdown(メルトダウン)」...

Twitterのコメント(18)

サーバ用途構成の比較はないのですか()
まるで007の様なスペクターとか、インテルやっちゃってるの結果発表。第6世代で20%低下の実測値も第7・第8世代では大きな低下は無い?との模様。
そう書かれてるとなんかボカロ曲みたいだな
一覧より診断ツールを提供して欲しいところ。
i7 6700K/Win10/SSD環境でベンチマーク79%って俺の環境やん最悪や
6700k Win10 SSD ってもろ俺のPCなんだけど!!
Skylake以降は余り影響を受けないと言っておいてSkylake以降のデータを出すエゲツなさ。
記事から引用→"Core i7 6700K・Windows 10・SSDという環境では79%と、21%のスコア低下" -
全然大丈夫じゃなかった!逃れられぬ速度低下…
Skylake世代も性能落ちるのか
Skylakeはあんま落ちないんじゃなかったのか…(´・_・`) /
8700kで3dmark sky diver physicsが1%減とか
ひどく落ちないけど、10%は覚悟しておくか。
そういわれてみれば,101% とかがあるな.むしろ,パフォーマンスがよくなった,という. |
4世代 Xeonの結果も出せ。
以上

記事本文: IntelがCPUの脆弱性「メルトダウン」「スペクター」対策後のパフォーマンス低下の結果一覧を公開 - GIGAZINE

関連記事