TOP > ネタ・話題・トピック > GIGAZINE > ロシアが打ち上げ...
14コメント

2017年7月14日、カザフスタンのバイコヌール基地から1基の人工衛星が打ち上げられました。ロシアの研究者たちによって開発された、宇宙空間で帆を広げて太陽光を反射するという人工衛星なのですが、科学者の中から宇宙観測に悪影響が及ぶと危惧する声が挙がり、物議を醸しています。 打ち上げられた人工衛星「Маяк (Mayak)」はモスクワ国立大学の研究者らによ...


Twitterのコメント(14)

地上の光害でも手こずってるのに空までかよ…
まさにこの世の大Mayak /
ソーラ・システムのプロトタイプかっ。
衛星名MayakをMyahk(ミャーク)に空目した。
ソーラーセイルの実験じゃなくて、太陽光反射してキラキラするだけ?
中島みゆきと戦えそうだ /
ロシアが打ち上げた「人工の星」
カザフスタンのバイコヌール基地から打ち上げられた人工衛星は宇宙空間で帆を広げて太陽光を反射するという。
この人工衛星は一部の科学者から宇宙観測に悪影響が及ぶとの懸念を指摘されて物議を醸している模様?
この計画本当に実行されたのか…
夜空に余計なもの浮かべんな!!
マイナス10等級って。
『ルサルカは還らない』(御厨さと美 先生 作)の実証実験では?
観測の妨げになっちゃあイカンだろう、という思いと、
こう言うのに限らず宇宙進出が大規模化すれば必然的に問題化する事案だしなぁ、という思いと。
以上

記事本文: ロシアが打ち上げた「人工の星」は太陽光を反射して金星よりもまぶしく光るが天文学に悪影響を与えるとの懸念も - GIGAZINE

関連記事

41コメント 2013-05-28 19:32 - blog.livedoor.jp

1.Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。2013年05月28日 19:32 そんなことしたらデブリが増えちまうだろうが!!!! とハチマキさんもお怒りです 2.Posted by 以下、ゴールデン名無しがお送りします。2013年05月28日 19:36 その内人口衛星をターゲットにするテロとか現れるんだろうか 3.Posted by ...[続きを読む

画像で見る主要ニュース