TOP > ネタ・話題・トピック > GIGAZINE > スーパーコンピュ...
15コメント

宇宙がどのように形成され発展していったのかはコンピューターでシミュレーションするという方法で研究が行われています。日本でもスーパーコンピューター「京」と、国立天文台の「アテルイ」を用いたシミュレーションが2015年に行われましたが、スイス・チューリッヒ大学の天体物理学者たちは、新たに過去最大の仮想宇宙を創造したと発表しました。 https://www.sciencealert.co...


Twitterのコメント(15)

順列都市かリングか、、、それとも太陽系7つの秘宝(これは違う?)
宇宙シミュレーション仮説が!!!
on @gigazine
この世は仮想現実ですから。
観測対象をシミュレーションで絞り込む。普遍性のある方法。
宇宙の神秘を解き明かそうと、数値計算で過去最大の仮想空間を用意出来たとのことです;計算機の力もまだまだ必要と解りますね
チューリッヒ大学の天体物理学者たちが創り上げた「仮想宇宙」は2兆のデジタル粒子からなる250億の仮想銀河で構成された過去最大規模のもの
そのうち中に生命が・・・→
ヤハクイザシュニナだ /
138億年分を80時間でシミュレートするというのはすごいな
PKDGRAV3…?

ディック的宇宙観ってこと?
天体物理学者たちが創り上げた「仮想宇宙」は2兆のデジタル粒子からなる250億の仮想銀河で構成されたもので、過去最大規模のものとのこと
この宇宙もこんな感じで出来上がってるかも知れない。
この世界もこんな感じで出来たのでしょうか。作った人たちにとってはほんの一瞬ですぐ消える宇宙でも、こちらでは137億年が経っていて、、
以上

記事本文: スーパーコンピューターで過去最大の「仮想宇宙」を作り上げたと研究者らが発表 - GIGAZINE

関連記事

65コメント 2011-12-25 09:45 - karapaia.livedoor.biz

ソース:3次元の宇宙誕生を再現 高エネ研などが成功 - MSN産経ニュース  研究チームは、物質を構成する最小単位の素粒子は丸い粒ではなく、ひも状のものだと考える「超ひも理論」に基づき、約137億年前の宇宙誕生の様子を数値計算した。  超ひも理論はノーベル賞受賞者の南部陽一郎氏らが約40年前に提唱した「ひも理論」を発展させたもので、物質や宇宙の根源的な謎を説明する理...[続きを読む

画像で見る主要ニュース