TOP > ネタ・話題・トピック > GIGAZINE > 脳細胞の死滅を止...
35コメント

2013年、イギリス医学研究評議会の研究チームが「動物の脳細胞が死ぬのを止めること」に世界で初めて成功し、世界中でニュースとなりました。しかし、この実験で使用された化合物は、副作用として臓器の損傷を引き起こしたため、人間に使用するのは不適切であると考えられました。あれから4年が経過して、同じように脳細胞の死滅を防ぐ効果を持ちながら、人間に安全に使用できると考えられる2つの薬が発見されて...


Twitterのコメント(35)

これマジなん?6年くらい 飲んでるけど物忘れが年々ひどくなってて困ってるよ〜。゚(゚^ω^゚)゚。
トラゾドン(デジレル)がアルツハイマーに効くと言っているが、この薬10年近く飲み続けてるけど物忘れ激しくなる一方なんだけど。
それとも併用しているメイラックスのせいなのか。。
この薬のために、いったい何人の研究者がサメに食われたのだろうか・・・
「研究結果は科学誌のBrainで発表されています」

いろんな雑誌があるんだなぁ(๑˃̵ᴗ˂̵)
老年性にはきかんのかな /
健康寿命を延ばすのは我々生体医工学者ではなく、やはり薬学なんでしょうよ。
ふむーそうだと良いが
レスリン(トラゾドン)を15年服用しているけど、本当かなぁと思ってしまう
いつも言うが「早くしろ」
後のTウィルスである。
世界は超高齢化社会になるのだろうか?⇒
これヤバない?!⇒
マジですかー? もっと早くほしかった。。。www
『脳細胞の死滅を止める薬を発見、アルツハイマー病など認知症の進行停止に光』
長生きしたいが怖かった事が改善される?
凄いことだ
頑張って欲しい
うつ病患者向けのトラゾドンと、がん患者向けのDBM。英レスターの研究機関MRC Toxicology Unitのジョバンナ・マルッチ教授。
実用化はよ👼🏻
2種類発見されたのか!これはすごい‼︎
"脳細胞の死滅を止める薬のひとつは、うつ病患者が服用するトラゾドンと呼ばれるもの。もうひとつは、がん患者向けのDBMと呼ばれる薬。" /
いよいよ猿の惑星が現実に・・・
脳細胞の死滅を防ぐ効果を持ちながら、人間に安全に使用できると考えられる2つの薬が発見されています
マジですか?:
←まだ「予防」の段階だけど、多少はうちの叔父さんにも光明が差すかもしれん。科学技術の進歩は着実に進む
ネズミだからまだ不明
楽しみではある
レスリンとウコン誘導体
頼みましたぞ
俺も含めてボケが減るのはありがたい。
実用化を -
脳細胞の死滅を止める薬のひとつは、うつ病患者が服用するトラゾドンと呼ばれるもの。もうひとつは、がん患者向けのDBMと呼ばれる薬。
トラゾドンにそんな効力があるのか…進行を遅らせる程度の効力かもしれんが面白いな…
親が歳とる前に実用化して欲しい /
人は直前までに死の恐怖と戦わなくてはならないのか。 /
Gigazine

ところで原因の解明はどれくらい -
なんや、既存の薬で良かったんや / トラゾドン SSRI以前の薬で、副作用は眠気とかか。アルツハイマーにかかるくらいなら試してみたいよねぇ /
プリオン病の進行を停止することに成功!?じゃあ人食いヤミザリアンの病気進行にも効果があるのか?(; ・`д・´)
以上

記事本文: 脳細胞の死滅を止める薬を発見、アルツハイマー病など認知症の進行停止に光 - GIGAZINE

関連記事

163コメント 2011-01-11 12:27 - www.gizmodo.jp

ニコチンでアルツハイマー病が治る!?  タバコの葉に含まれる「ニコチン」に、脳神経細胞の再生を促す効果があることが、金大医薬保健研究域薬学系の米田幸雄教授らによって確認されました。ネズミの脳細胞にニコチンを加えたところ、神経細胞が増加したそうです。もしこれを人間に適用できれば、アルツハイマー病や脳卒中後遺症、パーキンソン病などの予防、治療法開発に繋がる...[続きを読む

画像で見る主要ニュース