TOP > ネタ・話題・トピック > GIGAZINE > セロトニンとうつ...
79コメント

数十人の国際的に著名な研究者たちが関わるメタアナリシスにより、セロトニン遺伝子・ストレス・うつ病などの相互関係について調べた2003年の研究結果は的外れな内容であった可能性が示唆されています。 Big New Study Challenges A Genetic Link to Stress, Depression | Psych Central News https://psychce...


Twitterのコメント(79)

摂食障害とセロトニン不足を結びつけて考える人もいたが、ずっと関係ないと思っていた。むしろセロトニンが嘔吐や過食を促進しているのではと思っている。当人達にとってはそれが快感だから。
20年間飲み続けたSSRIをどうしてくれるんだい。そもそも精神系は謎が多すぎて薬の研究も今となっては進んでないという記事も以前読んだが。。。
ふむふむ
セロトニン遺伝子・うつ病・ストレスという3つの要素の間に明確な関連性は見つけられなかったそうです。
記事中にもありますが、じゃあSSRIとはなんだったんだ?って言う研究。
ずい分前にうつ病治療薬SSRIの効果はプラセボと変わらないという報告もあったので驚くことではないですがこれからのうつ病治療薬はどうなるのか
「セロトニンとうつ病の関係を大きく見直すこととなる研究結果が発表される」

衝撃的な記事。
これが本当ならwikipediaの抜毛症のところが大きく書き換わるかも。
薬代、返してください。
後で読む
これ本当なら、抗うつ薬SSRIの役割が…
なんやとー10年以上薬飲んできたのは意味がなかったってことか!まじか、、、
定説覆る!

セロトニン遺伝子・うつ病・ストレスという3つの要素の間に明確な関連性は見つけられなかった

「ストレスがうつ病に関連していること」および、「遺伝学がうつ病に関連していること」はメタアナリシスの結果からも明らか(抜粋)
"セロトニン遺伝子はうつ病が引き起こすストレス変化に影響を及ぼさない" 遺伝子の話? /
この記事以外はあまり読んでないんだけど、これ本当ならば凄いことではなかろうか。昔関わった某製品にも影響するのかな、とか気になってくる。 →
遺伝子変異を持つ個体は生活上のストレスにさらされた時にうつ病を発症する可能性がより高い。

遺伝とストレス
またリテラシの要求される記事だなあ |
ありゃ、あの有名な論文が否定されたとは。。。

セロトニンとうつ病の関係を大きく見直すこととなる研究結果
「今回の研究結果は、これまで考えられてきたような「特定の遺伝子がうつ病と関連している」ということを否定していますが、「ストレスがうつ病に関連していること」および、「遺伝学がうつ病に関連していること」はメタアナリシスの結果からも明らか」
"今回の研究結果は、これまで考えられてきたような「特定の遺伝子がうつ病と関連している」ということを否定していますが、「ストレスがうつ病に関連していること」および、「遺伝学がうつ病に関連していること」は / "セロトニンとうつ病の…"
《セロトニン》とうつ病の関係を大きく見直すこととなる研究結果が発表される
🆕 2017/04/17(昨日)🔥🔥🔥96
🔝 👿 (2nd/5)

🙋 (6th/17)
パキシルなんて効かないのは、経験済み!
セロトニンが足りないと鬱になるという説が否定される…クスリもあったし、トリプトファン(セロトニン前駆物質)が効くというのは、ガセ?
ほう、そうきたか。
これが本当だったら「鬱なんて外に出れば治る」とか抜かすジジイに反論できるヽ(*´ヮ`)ノ
うつ病の人が投薬放棄しそうな記事だな~。機械学習で4つに絞られた話の続報のほうがはやくしりたい /
この記事が話題になってる気がするけど、セロトニン遺伝子ってのが抽象的過ぎて、いまいちわかんなかった。
原文読んだ方がいいんやろうなぁ。
ぶこめ も參照 /
セロトニンは鬱とは関係ないらしいです
これは驚きですね…/
◇ 4月17日
我々は全てのデータで同じ統計分析を行って結果を組み合わせたあと、セロトニン遺伝子はうつ病が引き起こすストレス変化に影響を及ぼさないことを確認しました
リチウム塩がなぜか双極性障害に効果があるけど理由はわからん、とか、人間の脳もまだまだ不思議やな。 /
先ほどの宮川先生の一連のtweetが日本語記事にまとめてあります(ぎがじんだけど
「特定のセロトニン遺伝子がうつ病の潜在的危険因子から除外されたことで、研究者はうつ病発症に影響を与える可能性のある他の遺伝子や環境に焦点を当てることができるようになると述べています」 / "セロトニンとうつ病の関係を大きく見直す…"
まあ、阻害じゃなくて、促進剤でも良くなるしね
こういう手の論文は、少し前から出ているんですが、もっと深い本質を知りたいですね
出典は不明だけど、記事の途中で気になる記述。>オープンアクセスの科学雑誌PLOS ONE上で近年公開された研究の半分は再現可能もしくは実証したり時間をかけて証明されたりしたものではないとのこと。-
何度読んでも「セロトニン遺伝子とうつ病への陥りやすさの関係」しか見直されてない /
抗うつとか選択式クソゲーだもんなぁ
そそられる表題はおおいけどね、あそこは
今の大量処方はどうかと思うが -
もと論文は興味深いんだけど、これはひどい記事。まるで2003年の論文が間違ったことを流布したかのような書き方。その論文が多く引用され関連研究が行われたから今回のメタ解析ができたというのに。科学はこうして進歩していく。
「セロトニンとうつ病の関係を大きく見直すこととなる研究結果」

メタアナリシスで「大きく見直す」ことは定義上ありえない。うつ病治療でいちいち遺伝子検査なんかしないしセロトニンが関与してる説には昔から異議あるし、だからどうした感。
あくまでもセロトニン遺伝子がうつ病と無関係であるという研究結果であって、遺伝学やストレスはうつ病と関連性がある事は否定しているようだ。
「ストレスがうつ病に関連していること」および、「遺伝学がうつ病に関連していること」はメタアナリシスの結果からも明らか。
まあ、そうなのね…
科学技術の進歩は時として常識を覆すときがあります。。。。。
遺伝子との関係が否定されただけで、ストレスが原因となることは揺るぎない、と。いいことやね。 /
こういうことはきっと大きな一歩なんだろうな…。
「特定のセロトニン遺伝子がうつ病の潜在的危険因子から除外された」これは結構大きい研究結果なのでは…
「過去10年分あまりの調査データをメタアナリシスしたところ、セロトニン遺伝子・うつ病・ストレスという3つの要素の間に明確な関連性は見つけられなかった」
これは、割ととんでもない発見ですね。食生活改善の方向見直さなきゃ。| on @gigazine
今になってw
おれが飲んできたジェイゾロフトとは一体...
セロトニンとうつ病の関係を大きく見直すこととなる研究結果が発表される(GIGAZINE) "過去十余年の調査データをメタアナリシスしたところ、セロトニン遺伝子・うつ病・ストレスという3つの要素の間に明確な関連性は見つけられなかった"
SSRIの効果じゃなくてセロトニン関連遺伝子でメタをかける辺り、話題性を確保しつつ薬剤師に喧嘩を売らない大人の配慮を感じる
あらま、睡眠時間と鬱の関係性もおかしくならないか?でも睡眠不足は多くの場合ストレスだな。ストレス感じない位のテンションの人もいるしね。 →
(´ε`;)ウーン…。。セロトニンが不足すると増える悪玉菌系生成物が鬱に影響あったってことかな?
実は薬に効果は無かったってこと?
セロトニン・ドーパミン仮説は万能すぎるんだよな。まぁSSRIで良くなる人がいるならそれはそれで薬理はどうでも良い気はする。
筋トレしよう
(꒪Д꒪;)な、なんだとぉおおぅ‼︎
じゃあなんでSSRIはなんで薬として存在してるの?効かないのに?
おかc
この記事とは関係ないが、不眠症にはカモミールティーが効く。
まぁじで。
やっぱりセロトニンは関係なかったか( ゚Д゚)y─┛~~
オレっち薬効かないみたいなので・・・
本当か?
これは身体に良い、悪いは、変わるからね。驚きは無い。
結局はストレス /
マジか!!
セロトニン出すためにカレーいっぱい食べてたのに…!(違う)
【GIGAZINE新記事を検知しました!】 数十人の国際的に著名な研究者たちが関わるメタアナリシスにより、セロトニン遺伝子・ストレス・うつ病などの…
つまりどういうこと…?>
以上

記事本文: セロトニンとうつ病の関係を大きく見直すこととなる研究結果が発表される - GIGAZINE

関連記事

50コメント 2014-09-13 18:12 - news.nicovideo.jp

ゲームと暴力事件発生率の関係性とは?米大学が研究結果を発表 米国ヴィラノヴァ大学とラトガース大学より、ゲームと暴力事件の発生率に関する研究結果が発表されました。“Violent Video Games and Real-World Violence: Rhetoric Versus Data”と名付けられたこの研究結果では、2007年から2011年のゲームの販売本数と殺人/暴力事件の発生件数が集計...[続きを読む

画像で見る主要ニュース