TOP > ネタ・話題・トピック > GIGAZINE > グラフェンを使っ...

グラフェンを使ったフレキシブルな極薄の有機ELディスプレイの開発に成功 - GIGAZINE

18コメント 登録日時:2017-04-12 13:10 | GIGAZINEキャッシュ

炭素原子が平面に広がる特殊構造を持つ素材「グラフェン」を使って、極薄の有機ELパネルの製造に韓国の研究チームが成功しました。極薄ディスプレイが実用化すれば、スマートフォンなどの電子機器だけでなく、広告などさまざまな分野への活用が期待されています。 韓国のElectronics and Telecommunications Research Institute(ETRI)とHanwhaの...

Twitterのコメント(18)

/

٩(๑òωó๑)۶未来が楽しみだ♪
軒を貸して母屋を取られる。 →
炭素原子一個分の厚み、グラフェンを使ったフレキシブルな有機ELディスプレイ
おーっと!?⇒
韓国の企業か。電極のパターニングプロセスまで開発済みとは恐れ入る。
日本も頑張れよ。というか、技術投資しろよ。
来るか……!巻き物スマホ!
いよいよ、光学迷彩が現実味を帯びた!?
韓国すげえ
韓国は、技術は日本よりあるのに勿体無い
韓国のElectronics and Telecommunications Research Institute(ETRI)とHanwhaの共同研究チームが、グラフェンを活用することでとてつもなく薄い有機ELディスプレイの製造に成功
近い将来、これをクルッと丸めてライトセーバーに出来るんだろうな。
今使ってるスレート型は全てレガシーになる
重量の殆どはバッテリーの重量になる
CPUもグラフェンにすれば長時間稼働が実現
日本がこの手の開発に成功したという話は聞いたことないな…研究の費用をケチっているせい?
JDIさん確かこれに力入れてたような…。
技術者を蔑ろにしてきた結果がこれだよ
うおおお(゚ω゚)
光学迷彩来たか。夢が広がるな
以上

記事本文: グラフェンを使ったフレキシブルな極薄の有機ELディスプレイの開発に成功 - GIGAZINE

関連記事

画像で見る主要ニュース