TOP > ネタ・話題・トピック > GIGAZINE > 航空会社の運航に...
11コメント

旅客機の客席はエコノミークラス・ビジネスクラス・ファーストクラスと、いくつかのランクに分けられています。上に行くほど設備が豪華になる一方でシート自体の数は減りますが、売り上げの8割以上は、このエコノミークラス以外の旅客によるものとなっています。 ムービーを作成したWendover Productionsでは、ブリティッシュ・エアウェイズを例にとって、航空会社の売り上げがどのような...


Twitterのコメント(11)

8割にするため以外でプレミアムエコノミーをプレミアムシートに入れる意味なくない?
その程度かも知れない。「ビジネスクラスとファーストクラスの差はちょっとしたサイズや料理の差ぐらいしかない」 /
ソシャゲかな?
エコノミーしか乗ってないなww
可視化してみるとおもしろいことも結構あるね
なかなか衝撃の事実。

飛行距離が長くなればなるほど快適性は重要。数十センチのスペースを得るために、なんとも莫大なお金が必要!
エコノミーは1セントからオークションにより運賃決める代わりに本当に椅子だけみたいに定向進化しちゃうエアラインとか、普通に出て来そう。 /
まあそうだろな:
わりと有名な話。ここにもニッパチの法則は当てはまるということか(´・ω・`) /
エコノミーは燃料代にしかならないからね!
現代ではマイレージで飛ぶ人も少なくないので、若干実情とは違ってると思うけど、でも興味深い。
以上

記事本文: 航空会社の運航に関わる売り上げの8割以上はプレミアムシートの旅客が担っている - GIGAZINE

関連記事

20コメント 2012-03-01 08:38 - www3.nhk.or.jp

日本の大手航空会社が設立した新しい格安航空会社がことし相次いで就航しますが、その先陣を切って1日関西空港を拠点とする格安航空会社、「ピーチ・アビエーション」が運航を開始し、札幌に向けた第1便が離陸しました。 ピーチ・アビエーションは全日空などが出資して作られた新しい格安航空会社で、関西空港を拠点に札幌と福岡...[続きを読む

画像で見る主要ニュース