26コメント

いくつかのデバッグインターフェースを含むIntelの新しいCPUに、システム全体のフルコントロールを奪うような攻撃をUSB 3.0経由で行える脆弱性の存在が見つかりました。発見したPositive Technologiesの研究者らによれば、攻撃者は最新のセキュリティツールに検知されることなく、マシンのBIOSを書き直したり、全データを読み取った...


Twitterのコメント(26)

こんなのがあったんだ……
"具体的にはノートPCやミニPC向けのプロセッサである「Intel U」シリーズのCPUが、インストールしているOSに関係なくシステムが奪われる可能性を持っている" / "Intelの新型CPUにUSBポート経由でシステムのフル…"
だが、チップセット内蔵の USBが使えないWindows 2000に隙は無かった・ω・
QT @Windows_Ten Intelの新型CPUにUSBポート経由でシステムのフルコントロールが奪われるデバッグの仕組みがあることが判明
今の時代だからこそi7 4790Kが必要…?
うちのは2012年のCPUなのでセーフ (´・ω・`メ)ショボーン
Intelの新型CPUにUSBポート経由でシステムのフルコントロールが奪われるデバッグの仕組みが… - []
よく気づくなこんなの
キーボードのことかな /
ひゃー→
この人、何言ってんの・・・(´・_・`) /
なるほどなー /
物理的に触れられたら防ぎようないだろ /
Skylakeすら持ってない(Haswellどまり)ので今のシステムで頑張りますかね。
Intelの新型CPUにUSBポート経由でシステムのフルコントロールが奪われるデバッグの仕組みがある
え、そんなんあるの。デバッグめっちゃ楽になりそうじゃん"Intelは一般的なUSB 3.0ポート経由でJTAGデバッグインターフェースへのアクセスを可能にするDirect Connect Interface(DCI)を提供している"
Intelの新型CPUにUSBポート経由でシステムのフルコントロールが奪われるデバッグの仕組みがあることが判明したらしい。
Skylake、KabyLake世代のCPU型番の末尾にUが付くCPU搭載のノートPCユーザは要注意。
スカイレークとカービーレークオワタ…(´・_・`) /
おっかないね〜
単純に便利だな
以上
掲載元: Intelの新型CPUにUSBポート経由でシステムのフルコントロールが奪われるデバッグの仕組みがあることが判明 - GIGAZINE


他のコメントを探す:Twitter検索 はてブ

関連記事

32コメント 2011-04-15 00:40 - akiba-pc.watch.impress.co.jp

【 2011年4月14日 】 旧リビジョンを使ったSandy BridgeマザーがIntelから 不具合ポートを省略、価格は安価 Tweet Check  エラー解消版の「B3」ではなく旧版の「B2」リビジョンのチップセットを使ったSandy Bridgeマザーボード「D...[続きを読む

画像で見る主要ニュース