21コメント

Googleが開発中のリアルタイム3D認識技術「Tango」は、空間内の特徴を記憶することで、空間そのものを記憶できる「Area Learning」機能を持っています。屋内3Dマッピング実現に不可欠なArea Learnigの技術はここまで進んでいるというデモが、Google I/O 2016で発表...


Twitterのコメント(21)

この技術か。
Googleのリアルタイム空間認識技術「Tango」の「Area Learning」機能は一度に数百個の構造物の特徴を把握して「空間」そのものを記憶できる!?
迸るガンダム感 / (58 users)
そう、これを各HMDで共通にしたいの!!『空間の記憶情報を共有』//
げろおもろい
ARもそうだが、コンパニオンロボットの目の基礎技術になりそう。

 >
何故か新技術紹介みたいなニュースにされてますが、これは改めてTangoの機能を紹介しているだけのような。Area Learningは元からTangoが持っている基本機能の一つですが、どこまで把握して記事を書かれてるんだろう?
ケータイに搭載予定とか楽しみすぎる -
はじめてGigazineの写真多過ぎ記事が役に立った。

でもLenovoなのかー。Nexus 6PはHuaweiだしー。危険だなあ。
ヒトの視覚を加速的に増大させる可能性。
オートマッピングしながらダンジョンを探検したい。
自動運転とかの技術とかにも使われているのかな?
GoogleはSLAMの事を「Area Learning」と呼ぶことにしたらしい。
< > これはなかなかわかりやすい解説と思う
こういう技術、ずいぶん進化してる感じがする!/
おらワクワクすっぞ /
Microsoftのほうがまだ上だなぁ。
空間情報の共有はすごいなぁ。自動運転カーも車同士がお互いの情報を共有できれば人間には絶対マネできない安全性が実現できそう。 / "Googleのリアルタイム空間認識技術「Tango」は一度に数百個の構造物の特徴を把握して「空間」…"
以上

記事本文: Googleのリアルタイム空間認識技術「Tango」は一度に数百個の構造物の特徴を把握して「空間」そのものを記憶できる「Area Learning」機能を持つ - GIGAZINE

関連記事

25コメント 2014-02-26 15:45 - gigazine.net

スマートフォンのカメラや赤外線センサーなどを組み合わせてリアルタイムで物体や空間を3Dモデリングすることを目指すGoogleの「Project Tango」はさまざまな事への応用が期待される先進技術となっており、既にYouTube上ではこの技術を先に体験するチャンスを得た人たちがアップロードした...[続きを読む

画像で見る主要ニュース