TOP > 政治・経済 > 現代ビジネス[講談社] > 働かせるが定住は...

働かせるが定住はダメ…政府が「技能実習の延長版」創設へと動く狙い(望月 優大) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

58コメント 登録日時:2018-04-16 08:41 | 現代ビジネス[講談社]キャッシュ

日本政府が来年4月に「特定技能」という新しい在留資格の創設を検討しているという。日本の移民文化・移民事情を伝えるウェブマガジン「ニッポン複雑紀行」編集長・望月優大氏が、その狙いを解説し、問題点を整理する。...

Twitterのコメント(58)

外来種の繁殖力をバカにしちゃいけないよ。5年も滞在させたら余裕で婚姻ビザに切り替えて永住許可ゲットですわ。 /
日本が滅びる道しか残ってなさそう
関心をもつべき重要なテーマ。都市部や一部地域は手のつけようがないカオスになりそう……。/
人を人として扱わない政府。当たり前のように差別をする日本人。奴隷貿易への憧れでもあるのかな。

| 講談社(1/4)
酷い。
この仕打ちが、日本の歴史の新たな汚点になるだろう。現時点で汚点だけど。
オリンピックなんてチャンチャラおかしいぞ。返上させられたらいいのに。
永住権も取得できないこんな奴隷募集要項で求める水準の人間が働きに来ると思っているのか。どうせ国は募集するだけで後は民間に丸投げなんだろうが。
あ??たぶん理由は後付けで10年働いてもらって永住権につなげるんとちゃうん
要するに外国人も、もっと使い捨て出来るようにしたいという事だろう。今の日本人の非正規労働者や名ばかり正社員の様に
都合よく使い捨てするようなやり方。/
こちらも私の認識不足を補ってくれました。日本の「移民」事情⇒働かせるが定住はダメ
少子高齢化を解決できず、外国人を「人間」としてでなく「都合の良い労働者」として受け入れる。
多様性や人権意識がまだ根付いていないこの国で、外国人が人間として働き生きていくには制度も人の心もまだまだ準備不足だと思う。
なるほどね、5年で1回出向でさせて永住権とらせないんだ。
「単身で・いつか帰る・外国人労働力」というのは本当にそうだと思う/
よくこういう非人道的なことを考えつくものだが、それだけ技能実習生で来るような人材は定住まかりならんという意見の持ち主が強いのかな
とてもわかりやすく、外国人労働者を定住させないようにしながら、かつ最大限に利用しようという、政府のひどい〝アイデア〟のことをまとめてくれている。ほんとうにひどい。
人道的にどうこうって考える人おらんのかな。今の富を前提にするからおかしい。少々コンビニが減っても大丈夫。
技能実習の延長版たる「特別技能」という名の新しい在留資格案について、こちらの記事にまとめました。ぜひ読んでいただけたらと思います。
すごく分かりやすい。日本は奴隷を作ろうとしてるように感じる。。。世界の少子高齢化のモデルになろうとしてるのに、こんな政策じゃ最悪の世界だな。。。
少子高齢化に有効な対策が全然取れてない上、外国人は労働力として自分たちの都合しか考えてない。本当にそこまで無知蒙昧なのと疑ってしまうほどだけど、実際どうなんだろ?
「移民」という1人の人間として生きる私にとって、見過ごせない記事。
外国人労働者への劣悪な扱いは、全ての定住労働者に波及する
ゆる必読!
労働力不足への焦りが国を歪ませる
人ではなく労働力だけ欲しいというこの国の歪み、甘えんな、政府や経営者!舐めんな、人の人生を!
日本は真剣に移民について議論しなくてはなりません。技能実習制度は欺瞞だらけです。日本がこれ以上無責任な国にならないことを望みます。 #技能実習制度 #移民
受け入れるよと言ったら外国人が日本に喜んで働きに来てくれるものだと思ってるその感性がすごいな。
ジャパンドリームは無さそう
安倍政権が増やそうとしている「単身で・いつか帰る・外国人労働力」では人手の面でも治安の面でも行き詰まります。受け入れるなら、家族、永住がいいよ。
技能実習制度の問題点は、
外国人を転職できない弱い立場に追い込み劣悪な条件で働かせていることにあると思います。
ただ、それでも毎年人数が増え続けているのは、それ以上に母国での生活が貧しいという現実があるのかもしれません。
うちのフィリピン人もよく働いてくれるよ(^ω^) / (現代ビジネス[講談社] | 最新記事)
労働力として扱うことはしながら、生活する「人」として扱わない政府の姿勢について指摘している。同感。
定住を拒んでいるのは日本政府だけの問題ではない。
一過性の民泊を自主的に禁止しているぐらい外国人の宿泊に危機感を持っている。民泊が日本人に受け入れられて初めて定住の議論がされるのでは。
薄汚い国。
もう何度も同じことは書きたくないので

| 講談社
最低賃金違反、手当の未払い、強制帰国などをするくらいなら、最初から外国人労働者を増やさない方が良いのでは?このままだと、外国人による治安の悪化だけじゃなく、国際社会からの立場も悪くなりそう。
労働力不足を解決するために、「専門的・技術的分野の在留資格」を対象拡大・要件緩和するのではなく、より"都合の良い"(=在留期間が制限可能かつ家族帯同なし)技能実習資格での滞在可能期間を実質的に倍増する。望月優大さんのコラム。
「多文化共生」など「絵に描いた餅」「不可能」が誰だってわかってる、定住など促進したら「健康保険制度」「年金制度」まで食い荒らされて、国家破滅に向かう、事実「スウェーデン」「フランス」は寸前行ってる事態だ。
柔軟な受け入れがないときてもらえないかもよ。アジア圏でみるとマーケットや産業改革が起きてるのはむしろASEANで賃金も上がってきてる。日本へ行くメリットや選択肢を増やさないと。 / 働かせる...
2級市民でも単なる労働力でもなく、世界市民として人類社会を前進させるポテンシャルのあるグローバル人材を、10年で使い捨てるとは。
血迷ったか日本。
ってか、日本は先進国の....いや、発展中の国wのなかでも賃金は最低水準だってことに気づいて、来日したがる人がそもそも減っていくという未来は見えてないのか?
奴隷使ってまで国残したくねえよ
「日本人」を血統、人種として残したいのか?アイデンティティ、精神性として残していきたいか?の問題。俺は勿論後者。
「都合の良い労働者ではなく、一人一人の人間について考える――そういう移民政策が、今こそ必要ではないだろうか」

その通りだと思います。
労働力不足への焦りが国を歪ませる
望月さんの最新記事!「都合の良い労働者ではなく、一人一人の人間について考える――そういう移民政策が、今こそ必要ではないだろうか。」
移民政策が
ホント勝手なもんだよな。もうこんな事しか出来ない国になってしまったのです。
労働力は必要だけど、日本で生きていくことは受け入れられないという論理が外国人には適用されてしまう不思議。移民にしろ、難民にしろ。
静かな怒りを感じる。→「時代錯誤的に『単身で・いつか帰る・外国人労働力』のあり方に固執する。こういうビジョンが根底にある」「外国人も人間だ」/
外国人技能実習生制度:拡大していいわけがない 「都合の良い労働者ではなく、一人一人の人間について考える――そういう移民政策が、今こそ必要ではないだろうか」
外国人労働者が期間社員だとしたら移民は正社員で定年(死ぬ)まで面倒見るのが日本株式会社としてはキツいということかも(苦笑):
「定住させない」ビザは別に珍しくもなんともないけど笑 (豪州移民法的に
■外国人労働者(コラム)
都合の良い労働者ではなく、一人一人の人間について考える――そういう移民政策が、今こそ必要ではないだろうか。
うちの業界も深刻な人手不足。
なんで定住はダメなのか?
日本に永住する移民を求めているのでなく、一定期間の労働者を求めてるのだから移民という語は使わない方がいいような。 / "働かせるが定住はダメ…政府が新創設する「外国人在留資格」の問題点(望月 | 講談社…"
働かせるが定住はダメ…政府が新創設する「外国人在留資格」の問題点

「都合の良い労働者ではなく、一人一人の人間について考える――そういう移民政策が、今こそ必要」
以上

記事本文: 働かせるが定住はダメ…政府が「技能実習の延長版」創設へと動く狙い(望月 優大) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

関連記事

画像で見る主要ニュース