TOP > 政治・経済 > 現代ビジネス[講談社] > ついに早稲田・慶...

ついに早稲田・慶応も無試験で「はい、合格」の時代が来る(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

36コメント 登録日時:2018-03-13 07:11 | 現代ビジネス[講談社]キャッシュ

誰でも試験なしで大学に入れるようになる――。そう聞くと耳を疑うかもしれないが、今年から深刻化していく18歳人口の減少は、現在の教育システムを一変させるほどのものだ。...

Twitterのコメント(36)

私大には学力試験を必須にするという発想が存在しないのだろう
無試験の馬鹿を増やして学力試験の定員を減らせば見かけの偏差値を上げられる
そうすればブランドは維持されると思っているのであろう
実際はブランド崩壊しているんだがな
このことがやがてどのような深刻な事態を招くのか。順を追ってみていきたい…
🌠 ⇒
💰ホント?🤑
ホリエモンが紹介していたけど、膨張のしすぎではないか?
必然的に大学としての価値が下がるってのは、論拠が無い。全体的に学力低下はするかも知れないが、大学で専攻するのに、必要なのは大学受験科目だけではない。
高卒で英検一級持ってるヤツだって
いるもんな。むしろ中学生から大学・大学院に行ける制度作るべきだろ。
少子化は問題だが大学入試オワコンはある意味必然だと思う。大学に入ってから努力して何を学びそれを将来に生かさなければわざわざ大学に行く意味なし。日本の受験のあり方と学生生活には疑問を感じていた。だから自分は渡米した。
大学受験終了のお知らせ
私立中学から受験勉強に明け暮れ、いざ憧れの大学に入ってみたら、クラスメイトは付属校上がりとAО入試の学生。そのような現実に直面したなら、今までかけてきた努力はムダだった、必然的に難関大学としての価値はみるみる失われていく。
大学数が縮退した先を考えると、小中高の教育から、高等教育まで、いいこともあるのでは。受験の枷がなくなる。あとは生涯学習で考えれば。
海外みたいに 入りやすいがしっかり勉強し出にくい環境や、キャリアアップのために院に再入学、雇用での採用方法など 工夫できる選択肢は様々。研究機関の国際競争力の維持が一番の喫緊の課題では? とな
AO入試のことを「無試験」と表現していることから、日本では「試験=筆記試験」という考えが深く定着していることがうかがい知れますね。
大学の定員割れの穴埋めのために留学生を受け入れるのだろうが、それじゃ留学生の質の低下も必至。
遊ぶためだけの意味なし私大をなくせば?
奨学金借りても将来返せないし
本文よりコメント欄が優秀。
合併とかもっと増えればいいのにね。/
別にいいんじゃない?そんなことより、お金の勉強させなよ。
4流大学出身の私のような者は、残念ながらいずれ母校は無くなるでしょう。

専門学校は更に厳しいのでしょうか?
それともむしろキッチリと鍛えあげて社会へ送り出すという意味で堅いのでしょうか?
待ってこれはヤバくね?
確かにそうだけど
一般2回受けてダメだったの思うと残念な気持ちになってくる
今在学中の学生でも(勿論優秀な学生もいるが)こんなこと知らないの?できないの?という学生も存在する。
単位取得と卒業のハードルは下げるべきじゃない。
週刊現代らしい 煽り記事に癒される お昼どき / (現代ビジネス[講談社] | 最新記事)
そもそも大学に行く意味。やりたいことがあるのなら行くべきだが、 ただ大卒認定が欲しいだけなら、今の世では行く必要はない。能力社会なのだから。
てか地方のFランいらなくねぇか?(゚∀゚)
企業が新卒をヨシヨシし続けることで人自体は減ってるのに大学の数が増える。そして無駄な教育がより増えていく。大学側はおいしい思いするだけ。
何を今更、ではある^^;。いずれ自分の出身大学を言ったら「あー、そんな学校確かありましたねぇ、あぁあったあった。どうなったんでしたっけ?」と言われるかもしれない時代がすぐそこに^^;
大学は「多様な人材を集める」というアドミッションポリシーで、地方入試や奨学金を増やし、地方入学者を増やそうと努力してる。地方に若者を閉じ込める政策は、各大学が掲げているポリシーと矛盾する。何のために3つのポリシー書かされたの。
大学も様変わりしてくる →
↑個人的には、入学を容易にして卒業を困難にさせ、どうじに新卒優先を辞めるべき。余りにも大学が軽視され、単なる就職のための箔付けになってる。
タイトルに騙されるな、という記事。早稲田や慶應においてこんな時代は来ていない。それと最後に「学歴ヒエラルキー」云々と書いてあるが、崩壊して何が悪いのだろう?
どうも、無試験で大学にはいったものです。
文科省の失策!!全入時代にしてしまったからFラン大へ無理して入って奨学金でなく人が出てくる。
[現代ビジネス[講談社] | 最新記事]
M.トロウ氏のユニバーサルアクセス型に移行した大学に起こる変化についての解説は知っておいた方がいい。大学進学率が50%以上で高止まりしたときに起こることが整理されている。...
以上

記事本文: ついに早稲田・慶応も無試験で「はい、合格」の時代が来る(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

関連記事

画像で見る主要ニュース