TOP > 政治・経済 > 現代ビジネス[講談社] > コインチェック事...

コインチェック事件で見えた「仮想通貨の成功者は百人に一人」の現実(伊藤 博敏) | 現代ビジネス | 講談社(1/2)

26コメント 登録日時:2018-02-01 06:38 | 現代ビジネス[講談社]キャッシュ

「現代ビジネス」は、第一線で活躍するビジネスパーソン、マネジメント層に向けて、プロフェッショナルの分析に基づいた記事を届ける新創刊メディアです。政治、経済からライフスタイルまで、ネットの特性を最大限にいかした新しい時代のジャーナリズムの可能性を追及します。...

Twitterのコメント(26)

仮想通過より、カルーズ・リミテッド🇺🇸も私個人も現実通過💴が好み🎶💚
それでも「百人に1人は成功してる」と思えば、やりたい人はやりたいですよね。そこにつけこむ詐欺や詐欺的商法が今後は増える。 / "コインチェック事件で見えた「仮想通貨の成功者は百人に一人」の現実(伊藤 博敏) | 現代ビジネス |…"
仮想通貨への投資って、FXの現実通貨が仮想通貨に置き換わっただけじゃない?って思う。
そう考えると投資対象にならんのですよね。
コインチェック事件で見えた「仮想通貨の成功者は100人に1人」の現実
< (伊藤 博敏)_カネ余りが生むマネーゲームが、サブプライムローンを生み、それを母体とするインチキな証券化商品がリーマンショックを生んだが、教訓は生かされていない
100人に一人が成功すればよいがな!
1000種類以上の仮想通貨があり、今もICO(イニシャル・コイン・オファリング)と呼ばれる独自通貨のトークンを発行して資金調達が行われているが、その大半は詐欺的ICOといっていい。伊藤博敏さんのコラム。
これは必読
成功する人は一部っていうのはどの業界も一緒でしょう。 / "コインチェック事件で見えた「仮想通貨の成功者は百人に一人」の現実(伊藤 博敏) | 現代ビジネス | 講談社(1/2)"
こちらの内容はすごくまともですね。インパクトはないけど。 さっきの記事はなんだったのか・・・笑 ブロックチェーン、おそるべし
「ハッカー被害にあっても、ネット上で公開されているブロックチェーンの解析で、流出ルートを追跡できた。アドレスの特定とタグ(目印)付けで、換金は事実上、不可能。の大甘管理が、皮肉にも仮想通貨の信頼性を高めた」
仮想通貨って何故か嫌わますね。この記事なんて内容と題名の乖離が激しく悪意すら感じる、、、(^_^;)
内容読むと1/100なのは高騰する仮想通貨だとか、、、なんだそれ(笑)
ICO の成功率(それも根拠ないけど)を仮想通貨の成功率と置き換えて記事タイトルにしてしまうのか・・・びっくりや。 →
2017年組は100人いたら80人は勝ってるイメージがある。
仮想通貨の "通貨" としての価値と、需要を見込んだ投機的価値は別物なのに、
そこを意図的に混在させた、結論ありきの駄記事
コインチェック事件を取り扱った記事で一番良いかも
芸能人などを使って派手な宣伝をして煽り立て「ビットコイン」時代を煽っていたが、今回の大量流出騒動で「一文無し」続出、ビットコインがいかに「博打」かを見せつけた、仮想通貨の時代はまだ早すぎた。
これは珍しくまともな記事!
十分多いわ(笑) / (現代ビジネス[講談社] | 最新記事)
良し悪しは別にして現在の仮想通貨の現状が浮き彫りに →
[現代ビジネス[講談社] | 最新記事]
どうだか。
以上

記事本文: コインチェック事件で見えた「仮想通貨の成功者は百人に一人」の現実(伊藤 博敏) | 現代ビジネス | 講談社(1/2)

関連記事

画像で見る主要ニュース