TOP > 政治・経済 > 現代ビジネス[講談社] > 新年早々ヘリが2...

新年早々ヘリが2回も不時着…米軍の驚くべき「戦力ダウン」(半田 滋) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

14コメント 登録日時:2018-01-11 10:32 | 現代ビジネス[講談社]キャッシュ

沖縄で米海兵隊ヘリコプターによるトラブルが相次いでいる。新年になってからでも、1月6日、うるま市の伊計島の砂浜にUH1汎用ヘリが不時着し、2日後の8日にはAH1攻撃ヘリが読谷村の廃棄物処分場に不時着した。昨年12月13日には宜野湾市の普天間第二小の児童がいる校庭に、CH53大型ヘリが窓枠を落下させている。...

Twitterのコメント(14)

米国防費の予算不足から、空母を含め約300隻ある米海軍艦艇が次々に稼働できない状態になっており、すでに原潜1隻が任務に就く資格を失い、年内にはさらに5隻が任務不能になる見通し
「益々増える沖縄、事故」
結局はオバマの国防費削減と沖縄の海の塩害。
そして事故を見てみぬをする日本政府。益々事故は増える。抜本的解決がなされなければ人命に関わるのは必然。

新年早々ヘリが2回も不時着戦力ダウン
「沖縄で相次いだトラブルは本土でも起こりうる」「心配なのは『米軍の見切り発車』と『日本政府の米軍言いなりの姿勢』」〈ayako〉
予算削減、訓練不足、老朽化が原因と。簡単に解決できるものではない。とすると、事故は頻発し続ける?
塩害対策が甘いって、ふざけすぎでしょ。基本的過ぎじゃない?これでカネ払ってんのかよ。

新年早々ヘリが2回も不時着…米軍の驚くべき「戦力ダウン」(半田 滋) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)
米国の国防予算不足が原因か
いまの米国なら
「不時着がイヤならメンテ費用は日本が出せよ」とか言い出しかねないし、そうなったら日本政府はたぶん交渉すらできないんだろうな.
これは本土でも起こりうる問題だ
市民は当たり前だが隊員のためにも安全面はしっかりしてくれよ。てか予算減らして規模はそのままとか頭悪いとしか…
在日米軍でトラブルが続くのは、沖縄の海兵隊に所属する航空機だけではない。イージス艦でも事故が多発。米軍事専門紙は「予算不足による米海軍の惨状」を伝える。半田滋さんのコラム。  現在の訓練状況は必ずしも過重なものとは言えない。
米軍の現状について
AH-1Zヴァイパーか😗
陸上自衛隊が保有してるのとは似て非なるものですな。かなり改設計してるらしいし
財政問題がこじれれば国防も危うくなるの他山の石...?
イージス艦は必ず船と衝突するしね。
これは本土でも起こりうる問題だ 老朽化と整備不良、塩害でガタガタの在日米軍!
米国に帰って訓練すればいい!
以上

記事本文: 新年早々ヘリが2回も不時着…米軍の驚くべき「戦力ダウン」(半田 滋) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

関連記事