TOP > 政治・経済 > 現代ビジネス[講談社] > 知らなければよか...

知らなければよかった「緩衝国家」日本の悲劇。主権がないなんて…(伊勢崎 賢治) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

53コメント 登録日時:2017-11-13 06:12 | 現代ビジネス[講談社]キャッシュ

トランプ氏の訪日では歴代では初めて大統領機は日本の管制を経ずに横田空域を通って横田基地に着陸したが、「主権度」がより低いはずの「準戦時」にあたるアフガニスタンでも、こんなことはありえない。日本は国民の安全を第一に考える主権を放棄した、世界で唯一の国である。...

Twitterのコメント(53)

現代ビジネスから
アメリカに占領された他の国との比較で日本の位置がわかる→
報復攻撃を受けるのは日本本土なのに、米国が在日米軍基地から他国を攻撃することを日本は拒否できない。国際社会において日米同盟がいかに歪んでいるかを問う記事。リベラル派は抽象的な平和論に逃げず、こうした安保論議を真正面から展開すべきだ。
意外です。| 国民の安全を第一に考える主権を放棄した唯一の国である。…
日本に住む多くの方に知っておいて頂きたい事実の一つだと思う。
アメリカは開戦の被害の当事者ではない。開戦の被害の当事国が、自国国民の安全の観点から、米軍の行動を統制するのは、当然すぎて言うまでもない。何故日本だけ主張しないのか
「この日本を支配するにおいて、国内で「最も差別された地域」沖縄に、あえて駐留を集中させ、駐留が起因となる反米感情が、常にその地域に限定された「民族自決運動」になるように、その緩衝国家本土の「反米国民運動」に発展させない。」
知ることからしか始まらない
改憲の前に地位協定の改訂だね
冗長な記事だがひとことでまとめれば……日本から出撃した米軍が第三国を攻撃するのを日本は許してはいけない、それが主権だ、って話。以上。 ■
軍隊同士の互恵性がないのは日本に「軍隊」がないからじゃないのん
(伊勢崎賢治) 【現代ビジネス】
「保護国」か「属領」というのが相応しい。幾ら先の大戦の敗戦国と雖も無念。
この状況に甘んじて、ニヤニヤしてる隷米似非右翼をみていると立腹を通り越して、絶望に陥る。

知らなければよかった「緩衝国家」
伊勢崎賢治/仮想敵国の進出を抑える防波堤となる「緩衝国家」日本の悲劇は、それを盾にしている米国が開戦の被害の当事者ではないのに、それでも米国の盾になることが日本自身の盾になると思い込む理由を日本自身が見つけ続けること…これに尽きる。
"アメリカの仮想敵国の真正面に位置する日本。加えて、アメリカ本土から最も離れたところで、その仮想敵国の進出を抑える防波堤となる「緩衝国家」日本"
何今頃こんなこと言ってるのか。三周くらい周回遅れなんじゃないのこのバカ。悔しかったら自分では何もしてないのに戦勝国ヅラしてるフランスとか中国くらい上手く立ち回らなきゃ。
沖縄が国内で最も差別された地域だって。笑わせるね。|
@gama340ignite @democracymonst 官僚作文読んでるだけの「でくのぼう」
"
これまた右や左のねじれ現象が起きる話題だ。現実解としての今は、なるべくしてなってる社会状況。 /
トランプ大統領が来日したとき、成田でも羽田でもなく横田基地に着陸した話は衝撃だった
伊勢崎賢治さんの論考。テーマは日米地位協定。必読です。→
憲法以前に主権を取り戻し、東京の空を取り戻そうというまっとうな記事。日米地位協定の異常さ。 /
そら米軍が去ったおかげで反政府組織との内戦状態にあるのに認められないフィリピンと比べるどころではないわな >「互恵性」が基本のNATO諸国、二国間でもそれを獲得しているフィリピンと比べるどころではない。 / "知らなければよかっ…"
良記事 トランプ氏が今までの国賓や公賓が日本の管制下である、羽田国際空港に降り立つのを拒否し、米軍管制下の横田基地に下りた政治的外交的メッセージ。
日米地位協定。庶民レベルの右派も左派もこの部分についての認識&危機意識が弱いと言って良いのではないか。 /
ざっとしか読んでないけど、対等になりたければ、日本が普通の国になるしかない。なのに、9条に触れもしないなんて、結局、お子ちゃまの駄文ですかね?w
"知らなければよかった" なんて書けるのは "国内で「最も差別された地域」沖縄に、あえて駐留を集中" させているからだよな。 /
「「緩衝国家」日本の悲劇は、それを盾にしているアメリカが開戦の被害の当事者ではないのに、それでもアメリカの盾になることが日本自身の盾になると思い込む理由を日本自身が見つけ続けること。これに尽きる。」
『日本は、「平和時」ではあってはならない、国民の安全を第一に考える主権を放棄した唯一の国である。』この状況を受け入れている日本国政府(今までずっと)がヘタレ(失礼します)でなくて何?
独立国としての当然のあり方、振る舞い方、常識として。
タイトルはともかく、端的にまとめられている。この状況で「在日米軍が日本を守る」と考えているとしたら、大したお花畑だよな。
まぁ所詮ゲンダイで終わる話なんだけど、アメリカの駐留を終わらせるなら、その穴を埋めるだけの自前の防衛力が要るの分かってますか?ってお話
軍隊を持たない国にはまあ主権はないでしょう。
理由については書いてないが,軍事負担,安全保障上の対等関係などと考えるのが自然だと思う.つまり対等な軍事的安全保障上の同盟関係ができるかどうかで日米地位協定の改定が決まると思う. / "知らなければよかった「緩衝国家」日本の悲劇…"
日本は、「平和時」ではあってはならない、国民の安全を第一に考える主権を放棄した唯一の国である。(本文より)→主権がない国であるわが日本。日米地位協定に言及のない改憲論であれば、聞くに値しないということ。
異常な日米関係😨 日本は独立国とは言えないよ♪
知らなければよかった日米地位協定 「緩衝国家」日本の悲劇。主権がないなんて…
つまり傀儡政権
常任理事国になんかなれる訳がない
ううむ… →
緩衝国家、まさに。白井聡氏の指摘では、戦後台湾・韓国は東側との最前線であって、日本が地理的にあの位置にあったなら「デモクラシーごっこ」などとても不可能だったと。今、兵器の進歩で日本も最前線=緩衝国家になってしまった。
米英軍によるイラク侵攻の時にトルコ政府は、駐留を許していた米軍のイラク攻撃を許可しなかった。イラクが報復の反撃をした場合、直接の被害国になるのは隣接するトルコだからだ。駐留米軍が、自国軍の戦力を補うものであってもだ…
米陸軍首脳に知人が複数いる。先日も太平洋陸軍参謀総長会議@ソウルに講演者として招かれた。アフガニスタンやイラクの占領政策/地位協定の話題で日米地位協定に話が及ぶと皆一様に目が泳ぐ。異常と分かっていても、それは彼らの側から言えないから。
伊勢崎賢治さんが現代ビジネスに『主権なき平和国家』の要点を執筆されています。これが地位協定の国際比較で見えてくる日本の実像です。
★~国民の安全を第一に考える主権を放棄した唯一の国である~。戦後マスコミによって15歳以下に白痴化された団塊世代やその子供達。自主独立を考える力もなくうろうろしてる…。
じゃあ主権を取り戻すためにまずやるべきは、米軍なしでもやっていけるレベルの軍拡でしょうか…?
「互恵性が『同盟』…フィリピンのように裁判権の互恵性を獲得してる国がある…ちなみに、日米間に…(は)…存在しない」〉知らなければよかった「緩衝国家」日本の悲劇。主権がないなんて…〜日米地位協定の異常性を明かそう〜 (現代ビジネス)
憲法改正よりも日米地位協定を改定すべきだと思います。日米地位協定はだと思います。
北朝鮮問題が過熱してるせいかこの類の記事をよく見かけるが…この際はっきり"核武装を含む自主防衛と軍事力強化"をせよ!っと言ったらどうか?
以上

記事本文: 知らなければよかった「緩衝国家」日本の悲劇。主権がないなんて…(伊勢崎 賢治) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

関連記事

画像で見る主要ニュース