TOP > 政治・経済 > 現代ビジネス[講談社] > なぜ安倍政権の「...

なぜ安倍政権の「公文書隠し」は起きたのか、ゼロから解説する(三木 由希子) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

24コメント 登録日時:2017-11-14 07:41 | 現代ビジネス[講談社]キャッシュ

南スーダンPKO日報問題、森友学園問題、加計学園問題…今年注目を集めた安倍政権による「公文書隠し」。なぜこれだけの大きな問題となったのか。ゼロから解説したい。...

Twitterのコメント(24)

情報隠しは、とにかくしつこく。(や)
ほんこれで、どう考えてもバグだし、そのバグが悪用されている話にしか思えない。
👉1年未満は実態不明のブラックボックス...基準は設けても管理簿の登録の廃棄審査は不要..
国家議員が行政責任並みの説明責任を問われる法制度の適用がない。..
政治家の公文書管理へのリーダーシップは無く不都合なものは隠蔽されやすい
卑怯者だから。根が腐ってるから。
《南スーダンPKO日報問題は日報を廃棄したとして情報公開請求に対して不存在決定…森友学園問題は国有地売却金額を不開示…政府は行政文書の廃棄は問題ない、加計学園問題の文科省文書を「怪文書」…と主張…なぜ、このような説明がまかり通るのか》
クリスマスはソンタクロースきますかね
"①行政機関の職員が職務上作成・取得した文書であること、②組織的に用いるものであること、③行政機関として保有していることの3つの要件"
"職員が職務の中で作成・取得した文書がすべて行政文書になるわけではなく、"
<もっと根本的に「政治家に媚を売った役人が出世しても誰も文句を言わないし捕まらない」ってのがあるんだが。
とどのつまり、政府が信頼できないと、行政文書の範囲も信頼できないわけである😟一言で言うと【全部見てなきゃ何でもあり政権】😡⚡️
政府は行政文書の廃棄は問題ない、加計学園問題の文科省文書を「怪文書」や「個人文書」と主張してきた。なぜ、このような説明がまかり通るのか。
「公文書管理制度の抜け穴や裁量的な解釈運用を「駆使」して……違法ではないと主張」。現政権を擁護する人たちも、抜け穴があることは問題として認めよ。/
隠す、とぼける、隠蔽する。

【森友・加計・PKO日報問題の本質】
公文書管理制度のキモである政省令は民主党政権の時。なので安倍政権固有でなく、民主党政権と安倍政権は同レベル→
本当は全部保存していますよ。廃棄したら監査に対応出来ないから。
「法制度のバグ」どころか「のバグ」。
高橋洋一氏のとこちらとが独立した格好で同時に載るのがネットメディアぽい。 / "なぜ安倍政権の「公文書隠し」は起きたのか、ゼロから解説する(三木 由希子) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)"
"過去に大蔵省の山一證券簿外債務・経営問題をめぐる打合せ記録等、航空幕僚監部による空中給油・輸送機整備の調査成果、自衛隊のイラク人道復興支援活動中の現地広報資料などが1年未満保存で廃棄済み" / "なぜ安倍政権の「公文書隠し」は…"
これホントに危うくて、ノウハウが消える形にもなる。 / "なぜ安倍政権の「公文書隠し」は起きたのか、ゼロから解説する(三木 由希子) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)"
忖度したからだろ。やましい事があったから証拠隠滅したんだよ。→
改正法が、ザル法案で無いことを願う!
疚しくないやつは残って疚しいのは無くなっていませんかね。犯罪性は高いよ。
以上

記事本文: なぜ安倍政権の「公文書隠し」は起きたのか、ゼロから解説する(三木 由希子) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

関連記事

画像で見る主要ニュース