TOP > 政治・経済 > 現代ビジネス[講談社] > 安倍総理が他人を...

安倍総理が他人を信頼していないと思える「これだけの理由」(山下 祐介) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

32コメント 登録日時:2017-11-11 06:32 | 現代ビジネス[講談社]キャッシュ

「拝啓 安倍晋三殿」からはじまった総理への手紙。前回は加計学園問題から総理の危うさを考えました。最終回は、安倍総理がいま本当にしなければならないことについて。...

Twitterのコメント(32)

お坊っちゃまへ…
@x_ok
この人を首相の座から引き摺り下ろすことのできない私たち国民もまた、この人と同じように人を信じるということが難しくなっているのではないか。人を信じて繋がりあうことのできないバラバラの民衆は為政者の思い通りになりやすい。
必読・総理への手紙) 

私は怖い。 あなたがもはや、私たち国民のためにではなく、何か別のもののために内閣総理大臣という仕事をしているのではないかと思わざるをえないことが。
「人を信用してください。」この言葉がとても必要なことかもしれない。
戦争直前期の直言のよう
「あなたたちは決して来てはいけないし、手紙などを投函してはいけないと、強く伝えるように言われています。絶対に何もおいていかないでください」スゲーな、アレって。  現代ビジネス
山下祐介氏の安倍総理への手紙、所々頷けないところもあるけれど、概ね痛快。「あなたにはもはや非常に悪いものが憑いており…」とは、もう笑うしかない。筆者が官邸を訪れた時のリアルな様子も興味深い。
「私の部屋をたずねてはいけない。手紙など、ものもおいていってはいけない」ー原発事故で強制避難している人々を手伝う団体をしていた方が、安倍首相に討論会への出席案内のために議員会館を訪問した時に受付の方に言われたという…
安倍晋三が他人を信用することはない。
安倍晋三は生まれ持っての詐欺師であり、人をだます、ウソをつくことは普通のことと考えている。
なので自分以外が自分にウソをつくのも同じように普通のこと。
だから誰も信用しない。
はいはい あなたの文章は長いだけ、、
マスターベーションはお独りでどうぞw
>
「私は怖い。あなたがもはや、私たち国民のためにではなく、何か別のもののために内閣総理大臣という仕事をしているのではないかと思わざるをえないことが」
安倍総理が他人を信頼していないと思える「これだけの理由」国民は「まっとうな政治」を期待する
もはや筆者は統合を失調されているのでは
東京オリンピックも、リニア新幹線も、早急な原発再稼働も、そしてそもそもアベノミクスも、本当に国民にとって必要なものなのでしょうか。
安倍閣下への手紙②私、この人好きだわ~⤴的を突きすぎてる。
イミフな文章!?なんだこれ?
その通りだと思います。
総理! 必読ですよ。
パヨクの薄汚い妄想がだだ漏れ。
全部かなりやってると思うのだが…?

「それよりも財政再建化、格差の是正、人口減少阻止、そして海外との適切な外交と防衛――こうした適切で着実な政策運営こそが優先されるべきではないですか。」
噛み砕いた文章で提言しても安倍の耳に届くと限らない。彼に首相を任せたままだと様々な自由は制約され、負担ばかり押し付けられる社会に様変わりする。
被害妄想乙>私はこんな手紙を書いて、実は本当に怖い。あなたにいわれなく制裁されるのではないかと
QT @gendai_biz: 【国民は「まっとうな政治」を期待するが…】安倍総理が他人を信頼していないと思える「これだけの理由」
やはり色々な人が指摘するように、もはや診察が必要なのでは。一刻も早く退陣を希望。海外との間で勝手に取り決められたら、政権変わっても取り戻せない事が多い。
私は怖い。
あなたがもはや、私たち国民のためにではなく、何か別のもののために仕事をしているのではないかと思わざるをえないことが。
あなたには私を守る責務があります。
ですが、もしかすると異議を唱える私は、国民ではないのでしょうか。
日本国民という知恵遅れが「とりあえず自民党にしとけ」というアホな感覚がダメにしている。投票すら政党がないから」ではなく、「まずは自民以外」にならないと変わらない。
おすすめ3。是非、1→2→3と読むべし。/
まったくそのとおり。
野党議員も国民の信を得て当選してるんだよねー。
議会制民主主義のまっとうな運用は国会でコンセンサスを得る事だと思うわ。
「もはや自民党の政治はまっとうには動いていませんね。それはご自身がよくおわかりだと思います。
政治を真っ当なものにするためには、あなたが誰かにかわるか、身を引くかしかありません。」
総理への手紙 最終回 是非読んでみて!
[現代ビジネス[講談社] | 最新記事]
以上

記事本文: 安倍総理が他人を信頼していないと思える「これだけの理由」(山下 祐介) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

関連記事

画像で見る主要ニュース