TOP > 政治・経済 > 現代ビジネス[講談社] > 「小池マジックの...

「小池マジックの限界」が、音喜多都議の告白から見えてきた(伊藤 博敏) | 現代ビジネス | 講談社(1/2)

38コメント 登録日時:2017-10-12 06:31 | 現代ビジネス[講談社]キャッシュ

情報の公開と発信に最も熱心な都議は、都民ファーストの会を衆院選の直前に離党した音喜多駿都議だろう。その音喜多氏が、小池百合子都知事に見切りをつけたのはなぜか?...

Twitterのコメント(38)

独裁という言葉で、Apple創生期のJobs様を思い出してしまった。「改革を素早く行うには優れたリーダーが独裁的に素早く決断し、実行する」企業経営においては真実だが、政治の世界では如何!「小池マジックの限界」
>都民への約束を果たさず野望を燃やして突っ走る。都民ファーストの会がそうであったように希望の党も小池さんの手駒でしかない。それを承知で希望の党を応援する気にはならず離党を決意しました/小池マジックの限界が音喜多都議の告白から見えてきた
>東京都の人事院勧告(10月18日)で「特別給は3年連続の引き上げ」となった時、音喜多氏らはかがやけTokyoの路線を踏襲、反対の立場を取ったが、「与党が予算に反対するとは何事か」と、野田氏は怒り、隙間風が吹いたという。
野田数に過大な権力を持たせたあたりから、転落が始まったように見える。
最初から分かってなかったか?
そうで無ければ人間を見る目がない
"マジック"なら種明かしはしないよね。
小池都知事が恐ろしくなってきた💦
既存勢力を敵に見立てて我は正義なりと劇場型政治にして勝利する手腕は認めるが、独裁じゃブレーン育たないし。公約は愚民を騙せば良いと割り切っているのだろう。
音喜多議員には、こうした都民ファーストの内実や変節の過程を今後も詳しく発信して行って欲しい。
右往左往の元民進党議員には呆れるより悲しいが、路線曖昧にして希望が旗揚げしたら同じ轍を踏む。小池砲の次は必ず有ると睨んでる
独裁者がいらないなら安倍さんは真っ先に排除しなければいけないよね
現都知事が知事選で闘った相手も独裁者に成り立てだったことを忘れては居まい。私事私腹を大事にしてはいけない。多くの民が看ている。〆
おときた、無責任?
「私たちは、只の手駒なんですか?」情報公開と発信に熱心な都議は都民ファを衆院選の直前に離党した音喜多駿都議。音喜多氏が小池都知事に見切りをつけたのはなぜか。
正体見たりとういことでしょう。ただマスコミのフィルターを通すと別人に映る不思議。→
都民ファーストとは。
市民にわかりにくい言葉を多用し、国会と同じように、知事に独裁的決定権を付与すること。
また、市民を欺く行為もこれに含められる。
小池は魔法が使えるらしい
小池は緑の狸から黄色いの狸に成るらしい
小池は音喜多を踏み台にしたらしい
小池は若狭も踏み台にするらしい
小池は小沢の弟子らしい
ま、ニセモノはニセモノってことですよ
贋作はどこに動いても贋作 #風のふくまま見鶏
この程度の産声を上げたばかりの組織の対応を、独裁だの言論統制だのと言うのはナイーブすぎる。それを敢えて大げさに取り上げるメディア。罪深い幼稚さの蔓延。>
そういう事です。
っての?。
元暴力団員ですからね~。
都知事交代
音喜多氏の振舞いは正直あまり褒められたものではないと思うが、頭は良いし機を見るに敏な男だと思う〉
あぁ〜あ、最初は良かったんです
けどね〜。
支持もしました(七人の侍に対し
て)

でも残念な着地に終わりそうな予感
がします。
結果責任ですから受け入れざるを
得ません
音喜多がコードギアスの扇要みたいになってきたな
なんで小池さんが野田とかいうやべー奴を側近にしたのかだけ未だに謎。音喜多さんの離党は思い付きではなくて積もり積もった事がよくわかる。かつてのみんなの党と全く同じ…。
小池百合子の言う「情報公開」とは「私に全部知らせなさい」。「しがらみからの脱却」とは「私の思い通りに動きなさい」。
「小池マジックの限界」が、音喜多都議の告白から見えてきた(伊藤 博敏) |

インサイダーでなくともわかる。小池百合子は独裁者だ!権力を得ることだけが目的の。民主主義のリーダーには相応しくない。
食事の時間に申し訳ないですが、本当に小池とその取り巻きは
〇〇ですね。
もう終りだね🎵
手駒ですらない、単なる奴隷。
「今回、その焦りが、「踏み絵を踏ませる」という高圧と、民進党選別や公明党への秋波といったあざとさに繋がって、風は吹かない。独裁者を望む者はいないのだ」
独裁政党、希望の党の誕生経緯。独裁者小池の存在。
「小池氏を支えてきた音喜多氏が体験したのは、最初は伴走、やがて周囲を従わせて自分が独走する小池氏の『独裁への道』の1年2ヵ月だった。モノをいう人間へのパージはひどくなり、都議会自民党と同じようにブラックボックス化していった」
子た抜きじゃなくて、ただのま抜け┐('~`;)┌
★「踏み絵を踏ませる」真の意味が見えてない評論家。リベラルと呼ばれる有象無象を排除する。これはどこから出たのか?。小池氏に万全の資金ができたのはなぜか?。シナリオありきでしょ。
自分以外に目立つ人間は不用。所詮「私ってすごいでしょ」という、自惚れ人間の典型だな。
[現代ビジネス[講談社] | 最新記事]
以上

記事本文: 「小池マジックの限界」が、音喜多都議の告白から見えてきた(伊藤 博敏) | 現代ビジネス | 講談社(1/2)

関連記事

画像で見る主要ニュース