TOP > 政治・経済 > 現代ビジネス[講談社] > もうすぐ、日本人...

もうすぐ、日本人の8割が「負け犬」になる日がやってくる(川崎 大助) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

77コメント 登録日時:2017-10-11 06:51 | 現代ビジネス[講談社]キャッシュ

高度成長期からそれ以降の時代、日本人には「差別にもとづいた笑い」が楽しまれていた。そしてそれは「必要とされて」もいた――ある時期の日本の成長は、「日本版ヒルビリー」を足蹴にすることで達成されていたのではないだろうか? 川崎氏がアメリカと日本のヒルビリー層をディープに分析する短期集中連載第4回!...

Twitterのコメント(77)

『「百姓ほど殿様の自慢をしたがるものだ」と、僕は小説の登場人物に語らせたことがある』

ネトウヨのメンタリティは日本伝統の百姓根性によるものだという説
なぜ四国の人が「アパッチ」なのか/最も有名なキャラクターは、ビートたけし演じる「鬼瓦権造」だろう。まさにアメリカのヒルビリー労働者とも通じる人物像だった /
メディアは不安を煽り、思想を誘導する😃
もうすぐ、日本人の8割が「負け犬」

日本人至上主義はよくわかる。それに、日本人じゃなくても差別はどこの国でもある。さらに差別的な笑いもどこでもある。ただこの地球上で、類を見ない少子高齢化、類を見ない差別、戦争によって滅ぼされる。
少し良い負け犬は、少し良くない負け犬をさげすむことで、自己の価値を保っているのは分かる気がする
侍ジャパンではなく百姓ジャパンかぁ
「侍ジャパン」じゃなくて「百姓ジャパン」。。。チームスポーツは結構強いかも。
百姓が素晴らしい。武士なんていないでいい方が良いに決まってる。警察が必要ないならそれが一番いい。軍だって同じ。それらがある限り本当の恒久の平和なんて訪れない。けれども、人には欲があり、元は野生動物。動物に恒久の平和なんて訪れない。
ははは、それな
「百姓」ではなく、「サムライ」を選びたがる日本人の心理のほうに深刻な屈折があるのだ。なんの係累もないのに、封建時代の支配階級と自身を重ね合わせたがるところにこそ。
私も「侍ジャパン」という言葉が大嫌いです。
ヒルビリーがヒルビリーを罵倒し、笑いものにすることを「好む」文化が日本にはある。なぜならば、「笑っているあいだ」はきっと、自らのヒルビリー性を忘れることができるから……
それがどうした?ヒュンダイさん◆


ライターの川崎氏は名義貸し人

ゴーストライターは、青森の三澤、アメリカ空軍基地の下士官

これは、知能レベルが低い下士官の文章

演説原稿
七十ン年ぶり二回目
日本のサムライ〇〇って凄い違和感あったけどスッキリした。
残念なことだが、川崎氏のこの警世とも予言ともとれる日本の未来の予想図に深く同意する。決して望ましいことではないが、その数々の指摘は否定できない。
川崎氏と若干の違いは「もう始まっている」というオラの意識かな。
右傾向化が嫌な左が書いた記事なのか、今まで散々惨めな人生を歩んできたのか。まあ、7%から言わせれば。日本は色々異常なほど力持ってるんだよ、竹島もそのうちわかるさ。っと言いたい。
序盤ひねくれ過ぎやけど、わかる
何言ってるか分からん妄言垂れ流しw
だから何なの?バカなの?キチガイなの?
現代(ヒュンダイw)なんだから、こういった状況を作り出したのは安倍一強のせいだって書けよ、クズが
★音楽関係の作家さんが書いたおかしなおかしな日本分析。そもそも戦後からの現代史を研究したことがあるのだろうか?
もうすぐ8割ではなく
もうすぐ9割でしょ
「サムライJAPAN」を応援する人の殆どが百姓の子。わかってはいるが、指摘されたくない現代日本人の自意識の歪みが見える。電車の中で過去の記事まで遡ったが、この出版社の記事にしてはなかなかに読み応えのある連載。
つづき

それで今朝読んだ記事(まだ半分読みだけど)で、軽い衝撃を受けました。

「サムライ」と呼びたがる心情には、屈折したものがある、とか。
私はぜんぜん気が付かなかった。



つづく
安倍政権が続けば、間違いなくそれは加速する↓
ありきたりな「負け犬論」とは違い非常に面白い考察だ。
と言うかタイトルに「負け犬」と付ける必要あるのか?
差別的笑いの正体なんて、目くそだから鼻くそ笑ってるだけ。自分たちがそもそもクズだって気づいてないもんみんなw
みんなで成り上がろう
まぁサムライ云々に関しては分かる
全部読んだが結局ネトウヨがー右翼化がー言いたいだけの駄文だった
この作家が何を言いたいのか理解に苦しむが、理屈のソースが古すぎて「やっぱり現代ビジネスだな」と。
日本人が負け犬になってほしいという願望の屁理屈でしかない。...
いい話だ!
日本代表、百姓ジャパンガンバレ!!
既に。。。>>>
こんな見方をするのは、何の為なのかな。建設的な意見も感じられず、残念な意見だな。
サムライだ百姓だなんて何の意味がある?
もしかすると…他所の人?!
文章が長い!が言いたいことは判る!

優れている→実は負けているという事実を自覚して変わらないと本気でヤバいと思う…
まぁ、確かにヒルビリーな処はある
後半のあたりから主観ですが、それ以外はそんな気はしていて、共感出来る。
「百姓ほど殿様の自慢をしたがるものだ」
そりゃそうでしょ。5〜10年遅れでアメリカに追従してるんだから。
頭脳労働のパイが飽和すれば他所へ行くか、肉体労働へ流れるかしか行き場がなくなるのでは無いのか。
的確な日本人論だと思う。日本人の八割はどん百姓だよね
備忘録として。
これ。
ここまで来たら、生活だけはとことん貧しくなって、でも高い識字率と教養を備えていた、戦国期や幕末期の日本人のような暮らしぶりを視野に入れたらいいのかという気がしてきた。
こんなキチガイ怪文書書いてるだけで金貰えるっていい仕事だな
承前)この「後退」が、文明の退化とも言える現象が、90年代以降の日本人の多くが急速に右傾化した原因だと僕は考える。…「フィクショナルに美化された戦前の価値観」に耽溺するのは自然な流れだ。もはや、そこにしか居場所はないのだから。
価値判断の物差しが自分の外側にある(=他者との比較)限り、嗤う対象が必要。自分の内側に物差しを。 /
ワイが普段言ってることがパクられたとか言ってみるが、ほんとに普段から言ってる。》
へえーすげえなそうなんだ。朝鮮人ヒトモドキ風情に日本人の事が分かるわけねーだろ。
何この人?妄想癖?意味がわからん。 | 講談社(3/3)
まあ俺もきっと先祖は百姓でしょう。みんなそう思ってると思ってたけど。
田舎者が笑われるのは田舎だからでなく、世間知らずだからだと思ってる
だれが書いてるのかと思ったら日本のロック名盤100書いた人かよ…
屁理屈だなぁ。闘っている人のことを世間がサムライと呼ぶだけで、応援している国民をサムライとは呼んでないのに(笑)
この記事ムカつくな。
この人、百姓が現役の職業だって知らない。
サムライジャパンを百姓ジャパンなんて言い換えたとしたら、俺は「コメ農家」で構成されてるのかな、って勘違いする
すんごいバカなこと書いてるって、気づいてほしいね!
前後の連載は読んでないけど、まあこういうことだな
突き詰めていった結果リアリティとリアルの区別がつかなくなった人が書いたような記事
サムライだのニンジャって、彼らが喜ぶからあえてつけたんじゃ?
"いくつになっても、いつまでも実家にいて親と同居しているような感覚...この「後退」が、文明の退化とも言える現象が、90年代以降の日本人の多くが急速に右傾化した原因"→
気色悪い記事だな。
サムライのくだりは確かにその通りw
英語も話せ無い、日本人の8割が「負け犬」になる日がやってくる
最後にいきなり日本人の右傾化とか言い出すあたりに著者が意識高い系てわかりますね
(・ω・)
少なくとも「サムライ」は「選抜された戦士」の事だと思う。吉幾三も田舎者を笑ってるよりも一極集中を嘆いてるのだと思ってた。 /
この記事、最初のうちは何の事かと思ったけど、終盤で現代日本人の(いや、昔から日本人が抱えている)問題と傾向が書かれていた。
こう言う思考が戦後の流行りだったんだよなぁ。
百姓ジャパン。 /
そもそも日本人には、だれか任意の他者を貶めることで、自己イメージの保全を図りたがる傾向が強い。「村八分」の構造もこれに近い
武の象徴は侍だろう百姓の子孫が圧倒的多数だから云々というのは屁理屈。農業やってるTOKIOはダサいの?
導入部しか読んでないけど、既に違和感。スポーツの代表は「選ばれし者」でしょ?構成比は7%どころではないだろ。それがサムライで何もおかしくないと思うが。著者の百姓理屈のが分からん。
日本人の8割が「負け犬」になる日がやってくる
子供の頃に"都会人"の文化やテレビ番組が嫌いだった理由が分かった気がした
別に田舎を馬鹿にしてるわけじゃない
自然を敬い科学的な知識を持って田舎暮らしを選択する人もいるくらいだし
武士では無い日本人の祖先。
士分というものを理解してないバカに雰囲気でモノ書かせるとこうなるという見本。感情的で無知で、まるで反安倍界隈そっくりの議論だ( ̄▽ ̄;)
日本人至上主義とサムライ日本
以上

記事本文: もうすぐ、日本人の8割が「負け犬」になる日がやってくる(川崎 大助) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

関連記事

画像で見る主要ニュース