TOP > 政治・経済 > 現代ビジネス[講談社] > 加計問題を追及し...
59コメント

先週10日、加計学園問題について国会閉会中審査が行われ、前川喜平前文科事務次官らの参考人招致があった。読者のなかにも、注目してみていた人が多くいるだろう。 加計学園問題の本質は、先週のコラム( 前川氏に対する質疑では、自民党参議院議員の青山繁晴議員のものがもっとも良かった。青山議員は、「石破4条件」における文科省の挙証責任、既存大学の獣医学部の定員水増し問題、...


Twitterのコメント(59)

政府寄りが必死すぎて・・・せめて読ませるにはタイトルくらいズブズブ感の無いものにすればいいのに、書けば満足してくれる人が居るのかと邪推しちゃう→
さぁ、マスゴミと石破茂、煽ったぶんの反動はでかいぞ( ´ ▽ ` )ノ
安倍総理と理事長との親密度を考えたら便宜を図ったとしか思えんだろ何故理事長が出てきて一切関係ないと言わないのか?
偏向報道に騙されたと視聴者が気づいた時点で斜め目線でしか観てもらえなくなる。負のスパイラルをまっしぐらに突き進むやり方にはメディアの影響力が低下してしまった焦りを感じる。
参院の参考人招致、録画ウェブ公開されてるんだな・・・一目瞭然とはこのことか |
野党第1党への不信は正しくここにある。
こういう記事の特徴は、やたら長くてやたらとディテールに入り込むこと。
入れば入るほど本質から遠ざかる。
〈安倍政権が憲法改正に取り組むと明言した5月3日以降、こうした反発が強くなっているような気がする〉仮にそうなら、改正阻止ではなく「読売新聞読め」が反感食ったんだと思うよ/
官僚が勝手に規制や予算をコントロールできる「官僚支配」は日本の意思に反したものでしょう。

予算や規制は選挙を通じて「民意に選ばれる」政治家が判断する事が基本的に妥当です、試験で合格しただけで「勝...
どちらかだけを100%信用してはいけないというのを大前提として、この記事は「やっぱな」と思う。メディアによる安倍内閣叩きはあからさまにひどすぎる。
こっちの方が読みやすい(基の記事)から再掲。
改憲して国を守られると困る人たちが一定数います。
まぁ 民進党とマスコミは謝って。って思うなぁ
んー、この理屈はどうなんだろう…。

//…憲法29条の改正の目的は、教育無償化である…法律での規定は必ず財政法の枠内になる。そうすると、原則的に国債発行ができないため、無償化の財源確保のために増税か歳出カットが必要になる
笑止。こういう安倍の提灯持ちが、自ら「邪推」と言わなければならない曲解や屁理屈でしか擁護出来ない事こそ、安倍がアウトの証拠だろう(苦笑)。★ 洋一) |現代ビジネス
マスコミと野党をディスって終了
5年位前までは高橋氏はまともなことを言っていたように思うが、意味不明のコラムをダラダラと書くようになったのだな
野党とマスコミに踊らされるのはウンザリ。
謝るのは民進党ではと。
マスコミの執拗な追求は憲法改正反対が原因ではと。
なさけな!
前川助平 天下りに忖度ニダか?:
安倍総理が憲法改正を公言。しかしNHK、朝日、毎日TBS等の大手メディアは、政権の弱体化が社是のような報道の仕方。加計問題で真相を明らかにした加戸前愛媛県知事や、京産大、京都府知事発言を意図的にカット。背後の反日組織、姿を見せよ!
ほんっとに時間の無駄!だから何なんだっていう話。
まさしく教科書的まとめ‼️これで終わりだ‼️
民進党は国民に謝罪すべきである。
(「安倍政権下の改憲」でなければいいのだろうか)一部のマスコミと野党が、憲法改正を阻もうとするために加計学園問題を利用しているのではないか /
髙橋 洋一 経済学者 嘉悦大学教授
〇文科省告示の「特例」
 学部新設の認可ではなく、申請していいという「特例」
 「認可」ではない。文科省が精査する。
【加計問題を追及し続けるマスコミの「本当の狙い」を邪推してみた】
あまりに不毛な議論をなぜ続けるのか、髙橋 洋一
政権批判から政権を援護する『学者』と称する元官僚 現代オワタ
ろくに自分で調べもせず、説明責任云々言っている有権者は次に選挙で寝ていれば良いと思うわ。まじで。
内容としては、これまで通りだった。まあ妥当だな。野党は敵に内側から開門しようとする間諜みたいなもんだからな。反自民しか掲げられない奴らは消えていい。自民もぐうの音も出ない良法案で勝負する政党はないものか。
"現在の状況は、一部のマスコミと野党が、憲法改正を阻もうとするために加計学園問題を利用しているのではないか、と邪推"
青山議員とのやりとりで、前川氏は平然とウソをついているように見えた。
青山議員が前川氏と加戸守行前愛媛県知事(文科省OB)に質問して、両者の発言の対比ができるようにした。
全くその通り。
不毛過ぎて、野党には怒りしかない。
| 現代ビジネス | 講談社(1/3)
今はバレバレだけどネット無い時代はほんとにマスコミのやりたいように捻じ曲げて報道してたんだろうと思うと恐ろしいわ。
とにかく改憲させたくない人らが仕組んだという事ですかねぇ...
やはり内閣情報調査室さんと自民党ネットサポーターズクラブの方針は「マスコミは偏向報道!加戸答弁と京産大会見を報道汁!」みたいです。高橋洋一が中継ぎで指令を発しています。
「文科省に挙証責任」は完全論破されたので取り下げたようです
こういう正論を述べれる人が少なからずまだ居て、それを発表できる場があるという事が救いだよね
これが完全に隠蔽される世界になったら、今度こそ日本は終わる
マスコミや野党が流布してきたストーリーは加戸氏の国会証言と京産大の記者会見によって崩れたのだ。
邪推ではなく,真っ当な推論。
ここに加計問題のすべての答えがある。
安倍流の話しそらし。憲法の改正論のコメントあり。国のトップの何億もの不正を不毛だなどと追求しないマスコミは不要。
トレンドの「本当の狙い」、期待して読んだら、書いた奴が安倍ヒトラー晋三の一味で萎え萎え。自衛隊と警察を道具として利用し日本を武力制圧する、売国自民党こと売国テロ組織ヒノマリックステートの、単なる宣伝工作でした。
"まず挙証責任については、前川氏は当初行った記者会見では「文科省にはない」と言っていたが、さすがにそれではまずいと思ったのか、どこにあるとも言わずにはぐらかしていた。"
現在の状況は、一部のマスコミと野党が、憲法改正を阻もうとする為に加計学園問題を利用しているのではないか、と邪推してしまいそうになるほどだ!
高橋氏の適切な指摘
自分自身が加計学園の利害関係者である高橋洋一が『不毛な議論』『不透明ではない』『謝るべきは民進党』とほざいても、この『』を覆い隠す事は出来ない!
邪推としては、確かに改憲問題と絡めたくなる。反対派は自民党にもいるわけで。
先日の閉会中審査で潮目が変わった気がする。さぁ今まで散々安倍首相バッシングを繰り返して来たマスコミがどう出るか?
加計「問題」についてマスゴミと民進党は国民に対し「証拠もなく妄想だけで安倍首相を疑ってごめんなさい」と謝るべき。
うやむやにするな
老害・田原総一朗の番組出たときだね。郷原が寝言ほざいてた例の対論

高橋洋一『筆者がテレビに出演した際にも、「キャスターに意見を遮られる」といった珍しい体験をした。』
最後の方の改憲での教育費無償化議論は勉強になった。そんな側面があるのか。
不毛だな、、。確かに、、。
マスコミが反省すれば良いのだが。もはや開き直りではないだろうか。憲法改正を阻止できれば何でもやると。議論もせずに安倍政権叩き。レベルが低い。
これが1番わかりやすい。安倍総理の説明なんて必要ない→
前川氏のエゴ、悪質な官僚の一員、役人の世界を知り尽くして、正義の告発は聞いて呆れる。
高橋洋一氏の下記記事が指摘しているように、憲法改正を安倍政権が具体化させたから何としても引きずり下ろすと騒いでいるだけ。憲法改正に反対なら堂々と憲法論議をしろ。
文系っぽい学科でも数理のバックグランドのある人の話は面白い。>
京産大でさえ教員確保が困難なら…募集生徒数が極端に多い加計はまともな教員確保などほぼ不可能だろう。
以上

記事本文: 加計問題を追及し続けるマスコミの「本当の狙い」を邪推してみた(髙橋 洋一) | 現代ビジネス | 講談社(1/3)

関連記事

28コメント 2017-07-18 08:50 - news.livedoor.com

苦しい答弁先週10日、加計学園問題について国会閉会中審査が行われ、前川喜平前文科事務次官らの参考人招致があった。読者のなかにも、注目してみていた人が多くいるだろう。加計学園問題の本質は、先週のコラム( 文部官僚の天下りが大学新設規制に関係しているのではないか、という点についても、前川氏は「関係ない」と述べたが、これらが関係しているのは霞が関の「常識」であり、規制がなければ天下りもあり得ないとい...[続きを読む

画像で見る主要ニュース