TOP > 政治・経済 > 現代ビジネス[講談社] > 国民の恐怖はカネ...
14コメント

「軍産複合体」をご存知か? 「製造されるすべての銃、進水するすべての軍艦、打ち上げられるすべてのロケットが、最終的には飢えている人や、食べ物がない者、凍えている人や、服を持たない者からの盗みを意味している」――。 1961年1月17日に行われた、第34代大統領ドワイト・D・アイゼンハワーの退任演説の一節である。この演説において、アイゼンハワーは、企業と軍隊の...


Twitterのコメント(14)

ホイ。日本のマンガだよー。
「軍産複合体がアメリカを、さらには世界を牛耳っている状態に対する鋭い批判を、もっともわかりやすく示しているのが、ハリウッドの超大作映画である」
国民の恐怖はカネになる…ハリウッドが警告し続ける軍産複合体の冷血⛑
🆕 2017/07/16(昨日)🔥5
🇨 19日ぶり⤴
🇺🇸 (9th/45)
🇺🇸 (4th/19)
💹 #…
製造されるすべての銃、進水するすべての軍艦、打ち上げられるすべてのロケットが最終的には飢えている人や、食べ物がない者、凍えている人や服を持たない者からの盗みを意味している
ローラの名前をマリアと間違ってるぞ。

国民の恐怖はカネになる…ハリウッドが警告し続ける軍産複合体の冷血(遠藤 徹) | 現代ビジネス | 講談社(4/4)
軍産複合体の譲渡手段だが、安倍はこれを真似ている感じだな...
アバター、アイアンマンからローガンまで
そう言う映画で潤ってきたハリウッドは、最近では中華資本に乗っ取られて、言うことも変わったな
対テロ戦争へ支持を得るため、米国政府は恐怖を煽った。国民に「過激派に包囲されている」と思わせた。映画『ローガン』では、人格を持つミュータントを殲滅、管理できるミュータントを兵器に。人間を「モノ」として扱う。ハリウッド映画は警告する。
エンタメ作品として作れるあたりがアメリカの懐の深さか。
アバター、アイアンマンからローガンまで(現代ビジネス)描かれていることは、最大の問題は国の外にあるのではなく、政府あるいは、軍産複合体こそが諸悪の根源だということだ。
★ソ連との対立関係もキューバも「彼ら」のシナリオの一つだった。ゲバラもカストロも「彼ら」の育成した俳優達/ハリウッドも巧妙なマッチポンプさ。権力は馬鹿じゃないんだよ。
アバター、アイアンマンからローガンまで
国民の恐怖はカネになる…ハリウッドが警告し続ける軍産複合体の冷血( )…ハリウッドなんて典型的なリベラルの世界であって、勧善懲悪の単純物語が蔓延る世界だからね。しかし実際には「軍産複合体」がなければまともに国家も国民すらも守れない。
以上

記事本文: 国民の恐怖はカネになる…ハリウッドが警告し続ける軍産複合体の冷血(遠藤 徹) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

関連記事

222コメント 2015-07-28 16:37 - blog.livedoor.jp

2: フェイスクラッシャー(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2015/07/28(火) 13:45:36.32 ID:s7azwYVb0.net 4: ツームストンパイルドライバー(大阪府)@\(^o^)/ 2015/07/28(火) 13:46:12.04 ID:gEUg/bdr0.net コリアンみたいだぁ 8:...[続きを読む

画像で見る主要ニュース