TOP > 政治・経済 > 現代ビジネス[講談社] > 「死んでしまいた...
11コメント

ゴールデンウィーク明けから梅雨入りのこの時期、元気がなくなったり、体調不良が続いたり、会社や学校に行きたくなくなる人が増える。「死んでしまいたい」と自殺を考える人も少なくない。 もしあなたがいまそんな状況にあるなら、生物のありようを長年観察、研究し続けてきた東京工業大学名誉教授・本川達雄さんのことばに、ぜひ耳を傾けてほしい。われわれ人間は、何も実現できなくても...


Twitterのコメント(11)

タイトルは良くないけど、文章は良いね >
よい視点→ 陸上で立ち、食べ、生きることのキセキ
生きているだけでもきせきなんだな〜
陸上で立ち、食べ、生きることのキセキ
お粥は美味しいだけじゃなく、人間にとって大切な食物なのよね。
死んでしまいたい人はネットなんかやる気力も湧きませんからこのサイトだって閲覧しません
終了
本川先生の静かな「生きものがたり」が病みつきになる。
★ハイ、記事面白かった^-^。〜何者かにならなければ意味がない〜って社会的動物「人」の宿痾ですなぁ〜w。稲垣足穂は「人間は腔腸動物である」と喝破した。ただそれだけ〜♬。
死んでしまいたい気持ちは一生わからないなー
最後には絶対に終わりが来ること分かっているのに何故あえて先に選ぶのか
今まで良い人生を歩んでた人ほど思えら気がしますね
自分はいい思い出がないのでそれを...
「死んでしまいたい」と五月病に悩む人に知ってほしい人間のスゴさ(現代ビジネス)生物を見ていると、生きているだけでもすごいことだ、余計なことなど何もしなくてもいい、こうして生きていることに、ものすごく意味があるのだと思えてきます。
「水が1割失われただけで人は死ぬ」が「食べるほうは3か月近く大丈夫らしい」「恒温動物は…変温動物の10倍ものエネルギーを使ってい」る。〉 (現代ビジネス)
以上

記事本文: 「死んでしまいたい」と五月病に悩む人に知ってほしい人間のスゴさ(本川 達雄) | 現代ビジネス | 講談社(1/4)

関連記事

47コメント 2011-05-07 23:03 - blog.livedoor.jp

別名『酒鬼薔薇事件』『酒鬼薔薇聖斗事件』とも呼ばれる。この事件で、2名が死亡し、3名が重軽傷を負った。 生身の人間の肉を少しずつ切り落とし、長時間苦痛を与えたうえで死に至らす刑。歴代中国王朝が科した刑罰の中でも最も重い刑とされ、反乱の首謀者などに科された。また「水滸伝」にも凌遅刑の記述が記載されている。また、この刑に処された人間の人肉が漢方薬として売られることになっていたとされている。なお、この刑...[続きを読む

画像で見る主要ニュース