TOP > 政治・経済 > 現代ビジネス[講談社] > 末期がんになって...
11コメント

〔前回までの話〕2015年11月、働き盛りの私の身に、思いもよらぬがん宣告が下された。ステージⅣAの末期がん、余命は1年。私は医師がすすめるがんの標準治療ではなく、代替療法でいくことを選んだ。試行錯誤を重ね、いまでは自分なりにアレンジしているが、まずはその王道「星野式ゲルソン療法」がいかなるものか、わかりやすく紹介しておこう。(*連載第1回はこちら 治療の有効率、...


Twitterのコメント(11)

興味深いなぁ。
《コラム》
心の底から疑問なんだが、
食事療法で癌を治したり制圧したり出来るの?癌の発生機序等を考えると、全然、理解できないんだが。インターネットで「癌に〇〇食が効く」というのは山ほど出てきても、信頼できるエビデンスを示したモノに出会えない。
食事療法カルトの記事。ガン消えたカルトは治療はええねん、もうええねんという自己暗示をかけたい人たちがたどり着く先なんだな。それならいっそ好きなものを最後まで食べる教のほうが楽しい人生になりそう。 / "末期がんになってわかった「…"
後で読む →
抗がん剤飲んで免疫力下げてわざわざガンが再発するように仕向けてるって、医者が儲けたいためにやってる治療だよな。
人参ならジュースじゃなくても生のままスライスが棒状にカットしてよく噛めばいいだけなんだが・・。咀嚼時の唾液が最大の薬なんだけどね・・。
免疫力をあげてがんを治しましょう、と言う話かな。がんは免疫を騙す仕組みを持ってるから、オプジーボの方が効く気がするけど、まあ本人が信じてクオリティー高い生活できれば、それが一番なんでしょうね。 / 末期...
以上

記事本文: 末期がんになってわかった「食事療法」の希望と大いなる困難(朱郷 慶彦) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)

関連記事

29コメント 2012-05-25 11:25 - jin115.com

『「食べない」健康法』の石原医師 「健康のためには朝食はなしがいい」  医師の中には、ベストセラーをもつ人も少なくない。イシハラクリニック院長の石原結實氏には多くの自著があるが、『「食べない」健康法』は超少食生活で健康になる秘密とノウハウを伝授して話題となった。そんな石原先生に話を聞いた。  最近になって、「空腹が健康にいい」といった本が出たり、断食が話題になったりしてい...[続きを読む

画像で見る主要ニュース