TOP > 政治・経済 > 現代ビジネス[講談社] > 人口減少社会でど...

人口減少社会でどうやって成長を実現するのか。女性、高齢者の労働力を活用し、「働ける人は働く社会」を目指すスウェーデンに経産省は学べ!  | 馬淵澄夫レポート |

33コメント 登録日時:2012-06-08 07:06 | 現代ビジネス[講談社]キャッシュ

upperline 急激な円高株安は新たな局面に入りそうな状況で、大変憂慮するところだ。17日のギリシャの総選挙までこの状況が続くと考えると、手をこまねいている時ではないと思うのだが、相変わらず中央銀行の姿勢は曖昧である。 こうした中で、我が国の経済を取り巻く政治環境はますます厳しい方向へと進んでいる。「社会保障の安...

Twitterのコメント(33)

馬渕澄夫レポート:現代ビジネスより。書かれているとおりだと思う。働くことの喜びが最大の社会保障にもなる/
馬淵議員 現代ビジネスより「人口減少社会でどうやって成長を実現するのか。女性、高齢者の労働力を活用し、「働ける人は働く社会」を目指すスウェーデンに経産省は学べ!」
「日本は、高齢化社会、人口減少社会の中で、(子どもあり)女性の雇用参加の停滞という問題を抱えている」
「スウェーデンは、女性のみならず、全体として積極的に労働市場に人を入れようとしており、GDPの約2.5%相当の予算を経済政策としての積極的労働市場政策に割り当てている」。/現代ビジネス
失業しても再就職できる不安があると貯金をして、景気が悪くなる。いつでも仕事をできる安心感が必要。 / "人口減少社会でどうやって成長を実現するのか。女性、高齢者の労働力を活用し、「働ける人は働く社会」を目指すスウェーデンに経産省は学べ…"
スウェーデンの方針は「とにかく働かせる」事らしい。就労者が増えなければ、成長はあり得ないよね。
(所詮は官僚、知能の発達は22・3歳で止まっています!)
「日本はスウェーデンにマクロ経済政策のフレームから学ぶ必要があるかもしれない」ここが一丁目一番地だよね>
生産性と労働成長の二軸からとスウェーデンからみる日本のこれから。
「人口減少社会でどうやって成長を実現するか。女性、高齢者の労働力を活用し「働ける人は働く社会」を目指すスウェーデンに学べ!」-今更ですが、定年したら年金もらってゆっくりと、という時代は本当に終わりましたね。仕事観を根本から変える必要あり。
株システムの不安定性とそれから来る不安から溜め込もうとするする人がいてだな。んであとはループじゃから
馬淵澄夫レポート
全同意ではないが、こういう勉強をする政治家が少ないのが日本の問題点。
人口問題への対策はその通りと思う
禿同 【人口減少社会でどうやって成長を実現するのか。女性、高齢者の労働力を活用し、「働ける人は働く社会」を目指すスウェーデンに経産省は学べ!】馬淵澄夫@mabuchi_sumio 氏:編集者に一言⇒タイトルが長い @gendai_biz <
全てが非正規雇用でも皆幸せな人生となるよう社会目標、再設計すべきです。最重要は、同居家族数の増加に連動して収入が右肩上りになる事。 RT @mabuchi_sumio: 現代ビジネスに原稿アップ「人口減少社会における経済成長」
ギリシャと同等、OECD平均-10%超労働生産性  の方が問題?⇒
【現代ビジネス、更新しました】現代ビジネスHPの「馬淵澄夫レポート」を更新しました。今回は、「人口減少社会でどう成長を維持するか」。スウェーデンの事例を参照しながらお話しています。ぜひお読みください!
うむ~ まぶちんはそういう見方か… おいらは今回のふくいちの件を考えるとどうしても医療費の増大、働きたくとも働けない人たちの増加があると思われるのでよりキビしい見通しになるかと。いずれにしてもふくいちにけじめをつけないと先に進めないかと…
現代ビジネスに原稿アップ。「人口減少社会における経済成長」について。
デフレ脱却した状況での提言いうことですね。 RT @gendai_biz 人口減少社会でどうやって成長を実現するのか。女性、高齢者の労働力を活用し、「働ける人は働く社会」を目指すスウェーデンに経産省は学べ!
以上

記事本文: 人口減少社会でどうやって成長を実現するのか。女性、高齢者の労働力を活用し、「働ける人は働く社会」を目指すスウェーデンに経産省は学べ!  | 馬淵澄夫レポート |

関連記事

画像で見る主要ニュース