TOP > 政治・経済 > 現代ビジネス[講談社] > 小沢一郎の敗北は...

小沢一郎の敗北はネット世論の敗北だったのか? シンポジウム  ソーシャル時代のジャーナリズム Vol.1 | 永田町ディープスロート | 現代ビジネス [講談社

42コメント 登録日時:2010-10-06 06:09 | 現代ビジネス[講談社]キャッシュ

田原: こんばんは。田原総一朗です。よろしくお願いします。民主党の代表選挙が終わったばかり(シンポジウムは9月16日開催)です。これはネットでもずいぶん盛り上がり、また新聞、テレビとネットのオピニオンの違いがはっきりしました。最初に、この点についていくつかお聞きしたいと思います。  長谷川さん、私なんかが見ていると、党...

Twitterのコメント(42)

かなり前のものですが。/
面白い。続き読みたい "@IHayato: 後で読む。 "
ネットでビジネスやってると、このサービスによるユーザ層の違いって凄く感じる…(´Д`;)
メモ RT @IHayato: 後で読む。 「ソーシャルメディア時代のジャーナリズムを考える」 Vol.1 新聞、テレビとtwitter、ブログの「世論」はなぜ違うか via
同じく RT @IHayato: 後で読む。 「ソーシャルメディア時代のジャーナリズムを考える」 Vol.1 新聞、テレビとtwitter、ブログの「世論」はなぜ違うか via
チェックRT @nakanok ほ~、これはオモシロい→「ソーシャルメディア時代のジャーナリズムを考える」 Vol.1 新聞、テレビとtwitter、ブログの「世論」はなぜ違うか
現代Bizで9/16開催シンポ内容公開、必見。 《「ソーシャルメディア時代のジャーナリズムを考える」Vol.1--新聞、テレビとtwitter、ブログの「世論」はなぜ違うか--》、田原司会で佐々木、長谷川、津田の論客集結。Vol.2も期待
ツイッターのユーザーって実はものすごく偏って... 都市部の30代、40代。→Agree.インターネット圏域は広く...グリーとかモバゲータウンユーザー、確かに若いかも!Different!
間違いですよね。グリーなんかは30代前半が中心ですし。 → 『グリーとかモバゲータウンとか、いったい誰が使っているか。これは実は田舎のヤンキー層みたいな、そういう人たちが使っているわけです。』(3page目)
「昔のようなインターネット上のコミュニティが2ちゃんねるしかなかった時代はともかく、いまのようにいろんなコミュニティが生まれてきている状態では、ネット世論といっても一概には言えない、という問題が一つあります。」
@tsudaさん,かわいく写ってますね♪あと,「自身」→「自信」では? QT @namatahara 「ソーシャルメディア時代のジャーナリズム」公開 
ソーシャルメディアのコミュニティによって、形成されている世論が全く違う。ほんと世論を正確に把握することってますます難しくなってきた。
Vol1 新聞、テレビとtwitter、ブログの「世論」はなぜ違うか | 永田町ディープスロート | 現代ビジネス 「佐々木: ツイッターとかを見ている限りでは、圧倒的に小沢支持ですね。」
オモロイ記事「日本のネットは都市部の住民が牽引⇒都市部のコミュニティになっちゃっている」佐々木氏 RT シンポジウム  ソーシャル時代のジャーナリズム Vol.1
シンポジウム  ソーシャル時代のジャーナリズム Vol.1 田原総一郎
この前のシンポジウムのレポートですね。凄い顔ぶれが揃って結構面白い話になっていたと思います。注目されていたのかな? RT @gendai_biz: 小沢一郎の敗北はネット世論の敗北だったのか? =>
以上

記事本文: 小沢一郎の敗北はネット世論の敗北だったのか? シンポジウム  ソーシャル時代のジャーナリズム Vol.1 | 永田町ディープスロート | 現代ビジネス [講談社

関連記事

画像で見る主要ニュース