TOP > スポーツ > Full-count > 楽天、昨季限りで...
11コメント

川井氏は打撃投手、後藤&牧田はスクール部で採用 楽天は10日、元選手の新規採用を行ったことを発表した。昨季限りで現役引退した川井貴志氏が打撃投手(兼チーム戦略室戦略R&Dグループ)、後藤光尊氏がスクール部ベースボールグループ、牧田明久氏がスクール部ベースボールグループ、長谷部康平氏が営業本部営業第二部営業第二グループで採用...


Twitterのコメント(11)

よかったよかった
5球団競合左腕は異例の営業転身(フルカント
本社はブラックなのに楽天球団は引退選手に面倒見のいい会社だけど、今後続くかは?ちなみにこの会見の為既に退団していて通常行われない後藤選手の引退会見も兼
楽天は面倒見良いよなぁ。ホワイト企業。
5球団競合左腕は異例の営業転身(Full-Count)

会社自体は色々とアレなんだけど、球団は他球団からの移籍選手も含めて引退後の面倒見がいいイメージがある
5球団競合左腕は異例の営業転身(Full-Count)長谷部、営業になるんか
関市出身の長谷部康平さん、楽天に営業として採用が決まって安心しました。
楽天はほとんどの引退選手に楽天関係(ジュニアコーチなど)に再雇用するから好き
5球団競合左腕は異例の営業転身(Full-Count)
スクール部ってジュニアコーチか?
牧田・後藤さんのジュニアコーチ発表。だけでなく、長谷部康平さんは営業へ。川井さんは打撃投手にR&Dグループ兼務だから、あのVRトレーニングにも携わるのかね。
長谷部はルーキー年のOP戦の怪我がなかったらどうなっていただろうと未だに妄想する
以上
掲載元: 楽天、昨季限りで引退の4選手を新規採用 5球団競合左腕は異例の営業転身 | Full-count | フルカウント ―野球・MLBの総合コラムサイト―


他のコメントを探す:Twitter検索 はてブ

関連記事

38コメント 2016-05-05 12:19 - full-count.jp

甲子園で“野球卒業”を宣言、「消防士になります」と宣言した佐々木のその後は… 昨夏の甲子園で準優勝した仙台育英高(宮城)。平沢大河(ロッテ)、佐藤世那(オリックス)がプロ入りし、他の選手も多くが大学や社会人で本格的に野球を続けている。 そんな中、キャプテンとしてチームの先頭を走った佐々木柊野は昨夏の甲子園期間中、母子家庭で...[続きを読む

画像で見る主要ニュース